• 早く死にたい人は[自殺ダメ]で検索!
    早く死にたいと思っても、自殺してはならない霊的な理由

    早く死にたいと思っても、死んではならない理由[クリック]

    [早く死にたい]は自殺推奨サイトではない。自殺志願者を救う為に、あえて[自殺志願者が検索しそうなキーワードを中心として作った文章]にて網を張り、訪問してきた自殺志願者をリンク先の自殺防止サイトへ導くことが目的である。故に、[早く死にたい]の本来の目的は、あなたを自殺へと導くことではない。あなたの命を救うことにある!故に、自殺志願者であろうあなたは、即刻、以下のリンク先の内容を読んでくれ。

    早く死にたいと思い、自殺で死んでから、自殺霊となり、その時に[自殺の真実]に気付いても、もう遅い!自殺で死んだ後は、既に自分の肉体は生命維持が不可能になっているから、自分の肉体には二度と戻れないぞ!だから、自殺で死ぬ前に[自殺の真実]に気付いてくれ!とりあえず、以下のリンクをクリックして、自殺に関する霊的な知識を習得してください↓

    以下は、霊的な観点から[自殺]を説明した知識へのリンク集です。

    ★Click [あなたが自殺して直面する真実]まとめ
    自殺について
    自殺の問題
    自殺についての二つの投書
    自殺の結果
    愛する者を失い自殺
    迷信の偏見
    軽率な行為
    苦しみの短縮
    恐ろしい激情
    他人の為の犠牲行為
    早く楽になる為の自殺
    恥辱を避ける自殺
    不法行為の自殺
    絶望の挙句の自殺
    自殺に追い込んだ者の責任
    自殺に逃げ道を求める者
    厭世自殺
    自殺と自由意志
    自分の命を絶つ権利
    生の倦怠
    自殺に関する文章

    ★Click [実際に自殺してしまった人の話]まとめ
    前世の罪の記憶で自殺
    破産が原因で自殺した老人
    自殺した高学歴の無神論者
    婚約者の不実に激して自殺
    情死(心中)した二人
    息子の後追い自殺した母
    身投げ自殺した男
    息子の為に自殺した父
    公衆浴場で自殺した男
    自殺した映画女優の警告
    死に気付かぬ自殺霊
    薬物自殺した女の霊
    恋人と心中自殺した霊
    首吊り自殺した女の霊
    自殺した美女
    自刃して果てた侍

    死にたい自殺サイト自殺方法自殺ダメ

    あなたは、自分の人生が悲惨だから早く死にたいと思っているのであろう。しかし、拙者の人生の方がもっと悲惨かもしれないぞ。だから、サイト管理人である私の人生を読んで、自殺するのは止めろ!

    齋藤健一について


    クスリを使って早く死ぬ自殺方法・早く死ねる自殺方法

    早く死にたい人向けの大量のクスリ
    早く死にたい人向けの大量のクスリ

     

    世の中には無数のクスリが存在する。それらの大半は人体にとり、大した害はない。しかし、その中のある一定のクスリに関しては、ごく少量でも人体を死に至らしめる可能性を秘めた薬が存在する。勿論、真っ白な覚醒剤やヘロインを大量に摂取すれば、一発で死ぬ。しかし、そのような違法薬物、通称[麻薬]に関しては、一般庶民は麻薬の売人のお世話にならないと手に入れることは不可能であり、それはかなりハードルが高い。著者も、一体どこに麻薬の売人がいるのかなんて、知らない。まあ、知る必要もないのだが。とにかく、麻薬という名のドラッグで自殺を遂げるということは、ここでは不可能なことと断定し、紹介することはしない。

     

    ここでは、それ以外のクスリを使用しての、早めに死に至る手段を紹介することにする。

     

    通常、脳は、身体全体の自律神経を司る。しかし、ある種のクスリは、安全の容量の範囲内の摂取であれば、治験を経ているが故に安全性が立証されているとはいえ、それを遥かに超える量のクスリを一度に大量に摂取すれば、命の保証は一切ない。故に、薬物自殺を狙う自殺志願者というのは、このクスリの致死量狙いということになる。

     

     

    確実に死ねるクスリを選ぶべし!

    通常、クスリといっても、色々な種類が存在する。そして、そのどれもに致死量がある。が、何キロもそのクスリを摂取しないと死に至らないクスリもあれば、ごく少量のみで死に至るクスリも存在する。故に、早く死にたい人がクスリによる自殺を考慮しているとして、まず真っ先に考えねばならないことは、[中毒量・致死量]がどれほどか、ということだ。

     

    それらは、各種のクスリにより、作用量と致死量には幅がある。つまり、通常の用量の摂取のみなら死なないが、それを大幅に超えると死に至る量が、致死量となる。近代のクスリは安全性が昔のクスリに比べて飛躍的に高まっている背景もあり、この通常の決められた用量と致死量との間には、膨大な開きが存在する。つまり、例えば風邪薬だったら、食後に一日三回合計三錠飲んでください、と決められているのが用量であり、その風邪薬を五万錠飲まねば確実に死ねない、というのが致死量である。この違いを理解せねば、クスリを使って素早く死にたいという希望は遂げられない。

     

    では、一刻も早くクスリで死にたい人にとっての最重要問題である[クスリの致死量]について詳述しよう。

     

    [致死量]と言っても、ここで大前提の、とある問題を提起しよう。それは、各個人により[致死量]は異なる、ということ。毒キノコでさえ、大量に食べても死なない人もいれば、ごく少量のみで死んでしまう人もいる。同じ店の同じO157に汚染された食べ物を食べた大勢の人であっても、早めに死んでしまった人もいれば、完治して後遺症も無く元気に社会生活を送れるまでに快復した人もいる。同じ原因菌やウイルスであっても、死んでしまう人もいるし、死なない人もいる。であるならば、全く同じクスリであっても、ごく少量のみの摂取で死亡する弱い人もいれば、大量に摂取しても助かる強靭な肉体の持ち主もいるということになる。

     

    とある医学者は、[確実に早く死にたいのならば、そのクスリの致死量と規定されている量の三倍は、少なくとも飲むべき]と述べている。つまり、クスリを使った自殺方法というのは、とても曖昧なのだ。強靭な肉体の自殺志願者であれ、貧相な体の自殺志願者であれ、どっちも裸の状態で心臓のど真ん中を威力のある拳銃で撃てば、確実に死亡する。それは最早、早く死ぬというより、即死である。だが、ことクスリを用いた自殺方法というのは、生と死の境界線が明確ではない。とても曖昧なのだ。

     

    また、大前提として述べておくが、これから記述するクスリは、本当に死ぬ可能性があるクスリだらけだ。故に、遊び半分で試してはならない。また、自殺目的でこれらのクスリを飲むことは厳禁である。この自殺サイトはあくまでも、自殺防止サイトの[自殺ダメ]へ誘導する目的で書かれたものなのだから、本当に死なれたら、私は困る。

     

     

    早く死にたいなら、クスリは吐き出しては駄目!

    クスリを飲んで早く死にたいのならば、とにかく、当たり前の話だが、飲んだクスリは苦いからとかいう理由で吐き出しては駄目だ。勿論、大量に胃の中にクスリが入っている状態というのは、大変に気持ち悪い状態であろう。しかし、そこは胃の中でクスリが消化されて、クスリの成分が体内に浸透するまでは耐えねばならない。急がば回れの精神で、吐き気を催そうが、そこは必死に耐えねばならない。

     

    クスリで死亡するということは、要は、急性薬物中毒で死ぬということだ。クスリの副作用を意図的に引き起こして、死にまで昇華させるということだ。つい先日も、未成年なのにビールの一気飲みをしたせいで、急性アルコール中毒死したバカな大学生がいた。この事例では死亡してしまったが、同様のアルコール一気飲みに関しては、大半が、嘔吐して、その者の肉体は、一刻も早く正常な値に戻ろうとする筈だ。そのように、クスリにしろアルコールにしろ、通常ならば、これ以上は体内にその有毒成分を摂取することは不可能だ、という段階にまで至れば、自然と吐き出すものだ。つまり、酒を大量に飲んで、深酔いして電柱にゲロを吐き出すのは、身体の自然な防衛反応と言える。

     

    それと同様の現象が、クスリの過剰摂取にも言える。故に、とにかく早く死にたいからと、クスリを致死量分、大量に飲み込んだとしても、その直後に吐き戻したら意味がない。その薬代が無駄になるだけだ。故に、吐き出さない工夫が必要となる。

     

    その工夫とは、まあ、ヨーグルトのような甘いものに薬を混ぜて飲み込むとか、ジュースと一緒に砕いたクスリを飲むとか、色々と考えられる。

     

     

    睡眠薬の王様のハルシオンでは、早く死ねない。

    ハルシオン
    ハルシオン

     

    薬を飲んで早く死にたい気持ち、はやる気持ちがあるのは分かるが、とにかく、闇雲に手当たり次第に色んな薬をドラッグストアや薬局で大量に買ってきて、片っ端から飲み干していっても、多分、死ねない。物理的に胃が破裂する位の薬量を飲めば死に切れるかもしれない。しかし、それはとてつもなく苦しむ死に方であるが故に、推奨されない。

     

    早く死ねそうな薬の代表格といえば、睡眠薬である。薬物自殺と言えば、一昔前までは睡眠薬が常套手段であった。但し、近年の睡眠薬は、昔の睡眠薬と比較して、ずっと安全性が飛躍的に向上したが故に、中々、現代の睡眠薬を大量に飲んだ程度では死ねなくなった。

     

    その代表格がハルシオンである。これは優れた睡眠薬であり、服用した直後に眠気が急激に襲ってきたり、飲んだ前後の記憶が消失したりするので、大層危ない薬品なのかな、と思われがちである。だが、事実は違う。ハルシオンはとっても安心・安全な睡眠薬なのだ。

     

    睡眠薬のハルシオンを酒と共に数十錠も一気に飲み干した男は、パッタリと寝込んだ。そのままずっと寝続けて、あまりにも起きないので両親が不審に思い、救急車で病院に運び込まれた。ただ、その数日後には意識を取り戻し、健康状態も極めて良好であった。故に、ハルシオンを大量に服用して早く死にたいという希望は、それを実行したとしても、儚く打ち砕かれることとなろう。

     

     

    クスリの致死量について

    致死量の不明なクスリで自殺をすることは、そもそも、無謀過ぎる。ある程度は致死量が判明済みのクスリを用いなければ無理だ。薬による自死が失敗に終われば、無用な苦しみを長期間にわたり味わい、且つ、本来なら不要な、高額な入院費用が掛かるだけだ。それはとても馬鹿げたことだ。早く死にたいと思って服薬自殺をした結果、とてつもなく回り道をする羽目になった、といった厄介な事態に陥ってしまう。

     

    また、致死量と言っても、その致死量分を飲んでも確実に早期に死ねる保証はない。例えば、青酸カリを少量飲んで早く死のうとした結果、20時間以上も胸を掻き毟り続け、地獄の苦しみを味わいつつも死に切れず、救助された時点では、胸が血塗れになっていた男の話もある。

     

    また、クスリを飲んでの自殺と言っても、内臓や脳に一生涯にわたりて不治のまま、深刻な後遺障害が残存すると主張する者もいるが、神経系統に作用する薬ならば、そこまでの重篤な副作用を人体に及ぼす薬は殆どないらしい。

     

     

    服薬自殺における健康保険の適用の可否について

    あとは、自殺行為の末の治療には健康保険が適用されないので、全て自己負担となり、しかも胃洗浄等の高額な治療ばかりになる故、自己負担は数百万円にも達するという事例もある、との主張もある。しかし、どうやら、全てのケースにおいて同様に保険が適用されないという訳でもないらしい。中には鎮静剤と睡眠薬を大量に飲み、数日間も意識不明の昏睡状態であった三十代の女は、健康保険が適用されたらしい。だが、やはり自殺行為の末の治療費には保険は適用されないというケースも、やはりあるらしいのだ。故に、どちらが正しいのかは分からないし、とにかく、最初から自殺などしなければいいだけだ。

     

     

     

    早く死にたいなら、静脈に薬を注射すべし!

    静脈注射の時の注意事項
    静脈注射の時の注意事項

     

    クスリによる安楽死を迎える為には、吐き戻さない工夫が必要と前述した。だが、その究極の一工夫として最も有効なのが、クスリを鉄板の上で炙り溶解させて、その成分を水に混ぜて、静脈注射する自殺方法である。これならば、胃の中が満杯になる程にクスリを食べなくとも、より簡単に死ねる。要は、致死に至る毒成分を体内に入れればいいだけなので、なにも一々ご丁寧に胃や腸の中に含まなくてもよろしい。胃や腸の中で有毒成分を吸収する手間も省けるし、短時間で死ねる。

     

    但し、腕に打つ注射器の中に空気が入っておれば、血管内を小さな空気の気泡が通っていき、最終的には心臓の中で破裂して、内出血に至り死亡するだろう。その現象を空気栓塞という。故に、その場合は服薬自殺方法とはならず、空気による血管破裂自殺方法となるであろう。また、その場合、血管内には血液しか普通は存在しないにも関わらず、異物が混入される為、全身性のショック死を遂げることもあるという。

     

    また、空気ではなく薬物注射(青酸カリを注入する等)の場合、クスリが血管内に直接注入されるということは、血管はかなりのダメージを負うことになる。通常は血液しか通らない筈の道に、人工的に作られた化学物質が流れ込んだとしたら、そりゃ、血管はたまったものではない。恐らく死ぬ。

     

    まあ、どちらにせよ、早く死にたいとの願望は叶えられたことになろう。当然、副作用もないのだが、強烈な痛みが襲来するかもしれない。とにかく、一瞬で痛みも無く死ねる方法ではなさそうだ。

     

    まあ、何度も注射を打てば、当然、腕は腫れ上がるし、かなり痛む。一回の注射のみでも痛いのだから。故に、一回限りで成功するようにすること。あとは、腕を冷却したり、圧迫したりして、最初の薬物注射や空気の注射のみで成功するように一工夫する必要がある。

     

     

    早く死にたいのなら、何も食べるな!

    つまり、胃の中に食物が沢山入っていると、それら安全な物質のせいで、有毒なクスリの成分が効率良く吸収されない。また、胃の中に余分な物質が入っているせいで、より大量のクスリを摂取することが出来ない。故に、少なくとも、服薬自殺を遂げようとする三日前からは、何も口にすべきではない。とにかく、胃の中と腸の中を空っぽ状態にした上で、クスリを大量に飲めば、効率的に急性中毒を引き起こすことが可能となる。

     

    但し、あまりにも空腹である場合には、クスリを飲む気力も無くなってしまうだろうし、もしかしたら、胃の中に久しぶりに入ってきた物体のせいで、身体が過敏に反応してしまい、ごく少量のクスリであっても吐き戻してしまうかもしれない。昔、戦国時代に、羽柴秀吉が兵糧攻めをした。敵が降伏した後、投降した兵士に御粥を食べさせたら、その者達が一気に飲み込んでしまい、胃が痙攣して、結局死んでしまった、という話もある。故に、あまりにも空腹な状態でクスリを大量に服用するのも考えものである。殆ど全てのクスリは、食後何分後までに服用すべし、との注意書きがあることからも分かる通り、ある程度の食物が胃の中にあることを前提に作られているからだ。

     

    よって、題名としては[早く死にたいのなら、何も食べるな!]とあるが、少しは食べた方がいいかもしれない。死ぬと決めた時刻の三時間程度前に、お茶漬けを茶碗一杯程度食べればよかろう。又、食べ終わった後は、ジュースと一緒に酔い止めも服用すべし。これで、気持ち悪くなって吐き戻し、服薬自殺が失敗に終わる危険性も減少する。

     

    また、服用するクスリは、大量に必要だろうが、そのまま錠剤の形で食べることは不可能であろう。丁度、駄菓子屋に売っている固形状のラムネを大量に食べようとしても無理なように。口の中が渇いてしまう。故に、手元に置いた数十錠の睡眠薬とかは、全てミキサーで粉々に砕くべし。錠剤のクスリを粉末状にしても、有効成分は全く変わらない。とにかく、固形状態よりも液状にした方が、より大量に飲めて、より成功する確率は上昇するから。

     

    また、それらをそのまま飲んでも、やはり気持ち悪くなり吐き戻してしまうであろう。何も味がついていないし、クスリによっては苦いからだ。故に、それらの粉は、ハチミツやヨーグルト、ジュースやコーラ等の清涼飲料水に混ぜて摂取すべし。但し、この工夫はあくまでも飲み易くする為だけの工夫なのであり、胃の中に入った後に、その薬剤の吸収効率が良くなるという訳ではない。

     

     

    一刻も早く薬で死にたいのなら、酒を飲むべし!

    さて、前述した通り、クスリを単体で飲むよりも、甘い食べ物と共に摂取した方が効率的にクスリを大量に摂取できて、結果として自殺の成功確率が飛躍的に高まる、と書いた。しかし、それらに加えて、更に成功確率を倍加させる方法がある。それが、酒(アルコール類)をクスリと同時に飲むことだ。

     

    アルコールはクスリと共に中枢神経に作用する。また、薬物の溶解速度も速めることに繋がり、結果として死ぬまでの時間を短縮出来る。但し、アルコールのみしか飲み物を用意していなかった場合、どうしても酔い過ぎて吐き戻す危険性がある故、ウーロン茶やミネラルウォーター等の、砂糖もアルコールも一切入っていない飲み物も、コンビニ等で買って用意しておくべきだ。それならば、万が一、服薬自殺を試みた後に、やっぱり生きたい!と思い直したとしても、それらノンアルコールの単なる水分を大量に摂取することにより、多少は生還確率が上昇するかもしれない。

     

     

    一刻も早く死にたいのなら、誰にも発見されない場所で服薬自殺すべし!

    さて、自殺志願者の皆さんは、とにかく早く死にたいとばかり願い、肝心なことを忘れてしまっている。それは、途中で誰かが救助に入ってきたなら、その時点で警察や救急車を即座に呼ばれて、その自殺行為は失敗に終わる可能性が極めて高い、という点だ。自殺未遂現場に駆け付けた救急隊員はプロなので、適切な救命処置を滞りなくする筈だ。その上、病院の救急治療室(ICU)に運び込まれれば、余程の死に近い末期の衰弱状態でない限りは、点滴等も打たれて、助かってしまうであろう。

     

    故に、最短でも、半日は誰も訪ねて来ないような、廃屋の中とかで服薬自殺を試みなければならない。しかし、廃屋の場合、廃墟マニアが偶然に訪れるかもしれないので、やはり自然の中は気味が悪いので却下か。やはり自宅が一番望ましいかもしれない。しかし、家族が同居している場合には、それも難しいであろう。とにかく、神奈川県とか東京都などは、丹沢や奥多摩の中の、よっぽどの人気の無い林や森の中でない限り、人だらけである。街中の公園の中にある公衆トイレの個室の中でクスリを飲んで死ぬなんてことは、人がひっきりなしに訪ねて来るので、無理である。著者も神奈川県に住んでいるが、たったの15キロ程度の距離を進むのに一時間もかかる。本当に、人や車や信号機が多過ぎる。こんな狭い土地に膨大な人口が密集している場所よりも、岐阜県の田舎の山中にてクスリ自殺を遂げるという方が、服薬自殺の死に場所の選定としては理に適っているであろう。

     

    繰り返すが、もしも救急隊員によって死ぬ前に病院に運ばれたなら、胃洗浄を何度も繰り返される。それは地獄の苦しみらしい。まあ、自殺をすれば、自殺霊となって苦しむのですが。

     

     

    ドラッグストア(薬局)で市販されているクスリで死ねるのか?

    さて、今までは、クスリを用いた自殺方法の概要及び注意事項を箇条書きのような形で説明してきたが、ここからは、具体的な薬品名を出して、それぞれの特徴及び致死量等に関して説明していきたい。

     

    とにかく、製薬会社の社員や、もしくは医者や看護師等の医療関係者でもなければ、化学系の大学関係者でもない大半の世の中の自殺志願者達は、一体どうやって確実に死ねる薬品を入手すればいいのか?やはり、身近に存在するドラッグストア、薬局で販売されているクスリに着目する他はあるまい。

     

    但し、市販されている薬は極めて毒性が低い。一応、クスリの箱の注意書きには、用法・用量が事細かに記述されてはいる。但し、その用量を遥かに超えた量を摂取したとしても、即、死に至るような危険なクスリは、ドラッグストアには一切置いていないと言っても過言ではない。

     

    要は、大衆薬では死ねないということ。クスリというのは、作用量と中毒を起こす量の間には、相当の間がとってある。故に、一日一錠だけと用量を定められたクスリがあるとして、そのクスリを一日で二錠や三錠飲んだところで、特段、何も変化はないということ。勿論、気持ち悪く感じることはあるかもしれないが、その程度の誤差にて生命の危機に陥るようなクスリは、滅多に無い。そもそも、そんなに危険なクスリなら、家の棚やテーブルに置いておいたら、勝手に家の子供がまさぐって飲んでしまう危険性がある。故に、誤飲しても大丈夫なように、昔のクスリと比べれば、大分安全になっているという訳だ。

     

    ただ、中には、やはり危険な薬も存在する。[危険]と言っても、やはり市販薬なので、ヘロインや青酸カリと比べたら、遥かに安全ではあるものの、ちと無理して服用すれば、人体に悪影響を及ぼし、もしかしたら死ねるかも?という程度の危険性でしかないが。

     

     

    リスロンS

    リスロンS
    リスロンS

     

    1960年代頃、睡眠薬自殺が流行した。その当時は、首吊り自殺よりも、よっぽど睡眠薬自殺の件数が多かった。それだけ、当時の睡眠薬は危険性が高かったということだ。死亡したのは主に若者であった。その当時の睡眠薬自殺の主役が、ブロバリンという睡眠薬であった。

     

    この年代よりも随分と昔の話であるが、かの文豪、芥川龍之介が睡眠薬自殺で死んだ時も、芥川を真似して睡眠薬自殺を遂げる者が多かった。当時の人々は、睡眠薬自殺こそが、手っ取り早く死ねると思っていたからだ。その時に主流だった睡眠薬は、カルモチンという名前であった。ちなみにカルモチンは、太宰治も下宿にてカルモチンを飲んで自殺を図ったことがあったが、太宰の場合は後遺症も無く助かった。しかし、結局、40手前で入水自殺で死んでしまったが。

     

    ブロバリンもカルモチンも、ブロムワレリル尿素という成分で構成されている。但し、既にブロバリンもカルモチンも販売は終了済みだ。現代ではリスロンSという同成分のクスリが販売されているが、苦いらしい。中枢神経系を抑制する効果があり、早期に意識喪失に至る。突き詰めれば呼吸が停止するらしいが、その為には膨大な量のリスロンSを服用する必要があり、非現実的だ。苦い錠剤を数百錠分も一度に飲めますか?たとえ粉々に砕いたとて、やはり無理であろう。吐き戻してしまうのは目に見えている。

     

    更に説明すれば、リスロンSは、ブロバリンやカルモチンと比べて、ブロムワレリル尿素の含有量はとても低い。故に、芥川龍之介や太宰治のように、ごく少量を飲んだだけで死ねるクスリでは無くなっている。時代が違うのだ。この他にもムールミン錠やデイナイト等の睡眠薬があるそうだが、それ単体で服薬自殺するには、やはり成分的に心許ない。アセトアミノフェンという成分も入っているらしいが、どちらにしろ、数十錠程度では致死量には達しない。時代が変わったと思い、現代における睡眠薬自殺は諦めてください。

     

     

    アタラックスP

    アタラックスP
    アタラックスP

     

    このアタラックスPというクスリは、割かし、どのドラッグストアにも在庫があるそうな。但し、致死量が、体重1kgにつき24~300mgと、とても幅がある。まあ、当然である。毒キノコと同じで、各個体により致死量というのは差があるからだ。又、治験をやって致死量の正確なデータを統計学として算出した訳でもない。あくまでも、動物実験やら自殺未遂者及び自殺者の服用した薬効成分から推測した値が、薬物自殺における致死量なのだから。故に、正確性に欠けるのは当然の話だ。

     

    アタラックスPの主成分である塩酸ヒドロキシジンは中枢神経系統を抑制し、自律神経を安定させる効能がある。副作用としては眠気、倦怠感、眩暈の他、意識混濁がある。大量服薬すれば、即、眠りに落ちて、最悪の場合は呼吸停止に至る。まあ、早く死にたい者にとっては最悪ではなく最良なのかもしれないが・・・。身体を冷やし、酒を摂取すれば、より致死率がアップする。

     

    他にもジスロンP、ボブスール等の同成分のクスリもある。但し、アタラックスPを数十錠飲み込んだ女性が、数日後には何事も無かったかのように退院した、という記録もあるので、やはり首吊り自殺や飛び降り自殺や飛び込み自殺とは異なり、睡眠薬自殺なんていうのは、現代においては、致死率はとても低い。

     

    ちなみに、アタラックスPは、カプセルの形状の睡眠薬である。一つのカプセルの中身は、パモ酸ヒドロキシジンという成分が約43mg存在する。これは塩酸ヒドロキシジン2mgに相当するという。まあ、化学や薬学の知識が無い者にとっては、一切不明な内容であるものの、まあ、OEMされた車みたいな感じで、同じような成分だと思っておけばよかろう。

     

    安楽死にはうってつけのクスリらしいが、正確な致死量は不明である。ヨーグルトやハチミツと共に食べると、効率良く大量に服用出来るであろう。

     

    ちなみに、このアタラックスPの効能は、神経症における不安や緊張感、抑鬱感の緩和とのこと。

     

     

    パブロンS

    パブロンS
    パブロンS

     

    昔、咳止め薬を大量に飲んで、軽く意識不明になる遊びが流行したことがあった。咳止め薬には、コデインや、気管拡張作用のあるエフェドリン等の麻薬性物質が含有されている故だ。

     

    コデインは麻薬成分であり、エフェドリンは致死量は一切不明であるが、覚醒剤の大元の物質であるが故に、やはり危険。では、なぜそのような物騒な成分を市販薬に含有させているのかといえば、それらの成分を含ませなければ、咳が止まらないからだ。もっとも、本物の麻薬のヘロインや覚せい剤やコカインのように、大量に危険物質を含む訳ではないので、規定量を飲む限りにおいては安心とのこと。

     

    パブロンSもその系統の一種である。故に、このクスリを大量に飲めば死に至るとのことだが、正確な致死量は一切不明である。

     

     

    ラックモア

    吐き止め薬の成分には、かなりの副作用が含まれる。嘔吐、幻覚、眩暈、痙攣、昏睡等の症状が、吐き止め薬を過剰摂取した場合に表れる。最悪の場合、呼吸停止に陥り死に至る。吐き止め薬の中で最も有名なのが、このラックモアというクスリである。

     

    大量に飲めば眠気、頭痛等が発生する。そして、中枢神経を麻痺させる程の量を摂取した場合、呼吸停止で心臓停止の後、死亡する。ちなみに、精神薬剤ではないので、素早く眠りにつけるという訳でもないらしい。

     

     

    トラベルミンシニア

    トラベルミン
    トラベルミン

     

    トラベルミンとは、酔い止め薬らしい。一般的に普通のドラッグストアや薬局等で販売されている。内容成分はサリチル酸ジフェンヒドラミンとジプロフィリンであり、中でも危険な成分であるジフェンヒドラミンの占有割合が最大なのが、数ある酔い止めクスリの中でも、このトラベルミンシニアなのだという。他の含有成分としては、カフェインも若干量が含まれている。

     

    ジフェンヒドラミンとは、抗ヒスタミン剤と相乗効果を発揮し、中枢神経の抑制をする。その為、感覚の麻痺、知覚喪失等の症状が発生する。また、催眠効果も混在しておる為に、服用後の自動車や自転車の運転等は固く禁止されている。

     

     

    センパア

    センパア
    センパア

     

    センパアとは、吐き止め剤のこと。センパアの主成分である臭化水素酸スコポラミンは副交感神経を抑制する作用がある。そして、大量摂取すれば、呼吸抑制が起こり、死に至る場合がある。箱に内在する説明書には、副作用として[眠気・錯乱・幻覚・嚥下困難(口腔内の食物を胃の中に送り込むのが困難になる)]等が記されているそうな。しかし、あくまでも吐き止め薬故、大量服用直後にスーっと眠れるかどうかは甚だ疑問である。

     

    主成分であり死に至る期待値が高い成分である臭化水素酸スコポラミンを含有する市販の乗り物酔い止めクスリの中で、このセンパアが最多の含有量を誇る。且つ、余計な成分は殆ど含有されていない。ただ、一つの錠剤のサイズがとても大きい。しかも、致死量に達するには数百錠を一気飲みせねばならない。たとえミキサーで粉々に砕いたとしても、ただの不味い粉を大量に飲み込むのは至難の業だ。

     

     

    大正トンプク

    大正トンプク
    大正トンプク

     

    ロン三宝カプセルAも同様だが、この大正トンプクという薬には、アセトアミノフェンという薬効成分が含まれている。この成分は、鎮痛作用と解熱作用を人体に及ぼす。しかし、大量摂取すれば、必ず副作用が引き起こされ、激しい眠気、眩暈、頭痛、悪心、嘔吐が始まり、最終的には昏睡状態に至る。

     

    しかし、中途半端な量ではなく、超大量に、この大正トンプク、又はロン三宝カプセルAを服薬すれば、肝臓が破壊されて死亡する場合が多数だ。ただ、早く死にたい人にとり、この方法は地獄を見るであろう。とにかく、痛む。内臓がやられるのは辛いことだ。安楽死では完全にない。寧ろ、地獄の拷問をたった一人で、自分自身の体に対して行うようなものだ。けっして安らかに死ねるという保証は一切ない死に方なのだ。

     

    どちらも白い、細かい粒状のクスリである。とても苦いが、アイスミントのような清涼感があるという。まあ、チョコミントと共に食べれば、少しは苦味も和らぐかもしれない。

     

    その他の大正トンプク及びロン三宝カプセルAに似た薬効を持つ薬としては、鎮痛剤のノーシンがあり、こちらにもアセトアミノフェンがかなり大量に含まれている。アセトアミノフェンというのは、解熱鎮痛剤なので、他にも多数の市販薬に含有されている。その他のアセトアミノフェン含有薬としては、鎮痛剤のセデスAがある。これを用量を遥かに超えて服用すれば、腎不全及び肝機能障害を引き起こす。更には覚醒作用と昏睡状態を交互に繰り返し、最終的に死ぬらしい。ただ、とても痛い死に方であり、確実な死に方でもない故、わざわざこのような愚かな服薬自殺方法を採用する自殺志願者などはおるまい。

     

    他にも新セデス錠というクスリもある。

     

     

    エスタロンモカ錠、アスピリン錠

    エスタロンモカ錠
    エスタロンモカ錠
    アスピリン錠
    アスピリン錠

     

    カフェインとは、微量の摂取ならば安全な成分だが、こと多量摂取に至れば、たちまち猛毒と化す危険な物質だ。カフェインの多量摂取は、脳内深く作用し、呼吸中枢や運動を司る部分を強く刺激し、心臓の筋肉に強く作用する。その結果、心臓の収縮作用が高まり、血液の体内循環が増す。その結果、興奮作用、血圧の急激な上昇、心室細動が引き起こされ、最悪の場合には心肺停止に至る。

     

    又、アスピリンという物質は、中枢神経及び代謝系を刺激し、呼吸中枢を混乱に陥れる。その結果、過呼吸、代謝異常、高熱の発生を招く。故に、呼吸不全やショック死に至り、他の臓器への被害としては、腎臓等にも複雑な障害を及ぼす。

     

    カフェインもアスピリンも、どちらも強い覚醒作用がある。故に、余程の睡眠不足状態でない限りは、飲んでも眠ることはないし、そもそも眠れない。

     

    また、カフェイン・アスピリン共に、安楽死とは程遠い薬剤であるが故に、早く死にたいという願望は、もしかしたら叶えられるかもしれないが、安楽に死にたいという願望は、けっして叶えられることはないであろう。

     

    昔、アスピリンとカフェインを大量に摂取した女子学生がいた。その学生は、激しい倦怠感・吐き気・興奮状態・過呼吸・昏睡症状の後、約二十時間後に死亡した。まあ、早く死にたいという、その早くという時間は、各々により異なるであろう。10秒で死ねるクスリが早く死ねるクスリなのか、2時間以内に死ねるクスリが早く死ねるクスリなのかは、それぞれの自殺志願者で認識が異なること故、ここでは何も言うまい。

     

    という訳で、そのアスピリン及びカフェインを多く含む薬として真っ先に挙げられる市販薬が、エスタロンモカ錠である。茶色で苦い錠剤だ。それと、アスピリン錠というのもある。その他にも、眠気防止剤として多数の薬剤がドラッグストアで販売されている。主に内服液の形状で売られている。カフェイン成分を多く含むクスリとしては、カーフェソフト錠、カフェクール等が挙げられる。また、アスピリン成分を多く含むクスリとしては、グランドール、新グレランA等の品物が、解熱鎮痛剤として売られている。

     

     

    規制医薬品について

    市販薬ではなく、薬物乱用目的で買われたり、服薬自殺に使用されたりする惧れが大きなクスリは、劇薬・毒薬・要指示薬・指定医薬品等に指定されており、ドラッグストアでは入手不可能となっている。それが規制医薬品と言われるものだ。

     

    ただ、精神科等で普通に処方される薬もあり、必ずしも一般人が絶対的に入手不可能という訳でもない。

     

    セルシン・ジアゼパム・ソナコン

    セルシン
    セルシン
    ジアゼパム
    ジアゼパム
    ソナコン
    ソナコン

     

    近年の精神科医は昔と異なり、どんどんとクスリを処方する傾向にあるらしい。というのも、クスリを出さないと儲からないからだ。故に、薬漬けにされた精神患者が多過ぎて問題になっているらしい。とにかく、精神科にて、不眠や不安障害を訴えたならば、即座に、その精神科医は、セルシン・ジアゼパム・ソナコン等の抗不安剤を処方するだろう。その他にも、内科であっても、時として処方されることもあるらしい。

     

    セルシン・ジアゼパム・ソナコンといったクスリはベンゾジアゼピン系と呼称される薬物であり、安全性は極めて高い。故に、これらの薬剤を一気に大量に飲んで死のうとしても、そもそも致死量分に相当する大量のクスリが溜るまでには、何回も精神科に通って、その都度、処方箋を出してもらわねばならず、相当な時間が必要となる。

     

    その他にもセレナミン・クラシナ等がある。これらは商品名が異なるのみで、内容はジアゼパムと同様である。

     

     

    トラフニール・クリテミン

    トラフニール
    トラフニール

     

    トラフニールは抗鬱剤である。抗うつ剤よりも薬効が低いのが抗不安剤であるが、それでは効果があまりない場合に処方されるのが、このトラフニールである。鬱状態に起因する不眠症状や鬱状態そのものに幅広く適用される。抗不安剤よりも薬効成分は高いので、抗不安剤よりも入手し難いが、しきりに自分が抗不安剤程度では不眠状態や鬱状態から抜け出せないことを担当の精神科医に訴え続ければ、いつかは処方されるであろう。

     

    鬱状態で自殺したい場合に、このクスリを処方されて飲めば、一時的に症状は回復基調に乗り、快活になったりする。が、クスリの効き目が切れたら、元に戻るらしい。要は、根本的な改善には疑問符が付くということである。

     

    これらの抗うつ剤は大量服薬すれば、酷い頭痛を引き起こし、眩暈の末、深い眠りに落ちる。精神錯乱症状を引き起こしたり、幻覚症状が表れることもある。しかし、グッスリと寝た後に起きたら、すっかりと回復していることが殆どらしい。その他の症状としては、手足の痙攣が発生する。その他の中毒症状としては、多少の肝臓へのダメージがある。

     

    早く死にたいと言っても、このクスリは推奨されない。死ぬまでの時間が全く不明であり、致死量についても判然としない。そして、最大の理由は、あまりにも副作用のリスクが大き過ぎるから。

     

     

    インスミン

    インスミン
    インスミン

     

    インスミンは催眠剤として、頻繁に処方されるクスリである。それをマイナー・トランキライザーと呼ぶ。ちなみに、メジャートランキライザーと呼ばれるのは、抗精神病薬であり、鎮痛効果が極めて高く、統合失調症や躁病の治療に用いられる。対してマイナートランキライザーとは抗不安薬のことである。要は精神安定剤のことで、不安障害や緊張状態の緩和の為に広く用いられる。

     

    大量服用すれば、中枢神経系を抑制し、即、睡眠状態に陥る。アルコールや他の薬剤と併用すれば、呼吸停止にまで持っていくことも不可能ではないらしい。

     

     

    ウインタミン・コントミン

    ウインタミン
    ウインタミン
    コントミン
    コントミン

     

    このウインタミンというクスリは、たった一錠のみで暫く眠り込んでしまう。その間は、全く起こそうとしても起きない程だという。約五時間程度も眠りこけるらしい。

     

    ウインタミンとコントミンは、いずれもメジャートランキライザーと呼称される抗精神病薬であり、精神病の症状の強い患者に処方される傾向のあるクスリである。故に、薬効が軽いクスリに比べれば、それだけ致死率は高い。作用は中枢神経系統を抑制し、呼吸停止に至らしめるとされる。中毒症状としては高熱が持続し、意識障害や呼吸困難、循環虚脱、脱水症状等が発生するという。最悪の場合、急性腎不全が発生し、死に至る。

     

     

    バルビタール・イソミタール

    イソミタール
    イソミタール

     

    バルビタールとイソミタールは、文句なく危険物質である。必ず遊び半分で服用するのは避けねばならない。作用量と致死量の間が凄く狭い。故に、医師から決められた分の薬量のみ服用せねば、最悪の場合、本当に死亡する危険性が高い。スイスやオランダ等の安楽死団体も推奨する程の危険なクスリである。

     

    だが、バルビタールもイソミタールも古いクスリなので、日本国内では入手は絶望的に不可能となっている。医療関係者ならば別かもしれないが、そもそも、医者や看護婦といった医療従事者の場合、もっと他に幾らでも服薬自殺に適したクスリを手に入れられると思うので、わざわざバルビタールやイソミタールなどは、自殺目的で服用しまい。

     

    ちなみに、過去、日本で処方されていた時には、極度に精神症状の重たい患者にしか処方されなかったという。

     

    バルビタールやイソミタールは、バルビツール酸系と言われる睡眠薬である。バルビツール酸系のクスリの特徴としては、中枢神経を激しく抑制するので、大量服用した場合には、心停止及び呼吸停止に至る可能性が極めて高い。極めて危険な薬剤なのである。

     

    中毒症状(副作用)としては、頭痛・痙攣・精神錯乱・発狂等が挙げられる。ただ、副作用が強烈であるが故に、早く死にたい人にとっては、うってつけの薬剤なのかもしれない。ただ、繰り返すが、もう日本国内では用いられていないクスリ故に、入手することは極めて困難であろう。ただ、外国ではまだ処方している地域や国があるらしい。しかし、一刻も早く死にたい自殺志願者にとり、そんな、わざわざ死ぬ為のクスリを手に入れる為だけに、外国にまで赴き、方々を探し回る活力及び精神力及び体力のある者はいないであろう。

     

    具体的には、オランダやスイスで販売が継続されていたらしいが、現時点では、多分、販売は終了していると思われる。いつまでも、こんな危険な薬剤を継続的に販売している程、欧州は愚かではなかろうから。

     

    ちなみに、バルビタールやイソミタールによる服薬自殺が失敗した結果、人工透析や妄想・幻想・興奮状態に陥ることもある。ただ、全快して社会生活に戻った強者もいるらしい。要は、それぞれの肉体により、薬剤に対する耐性は異なる故、やはり副作用が強烈なバルビツール酸系のクスリと言えども、確実に死ねる保証などは微塵もないのだ。

     

     

     

    昭和のクスリのポスター

    上述した通り、安楽死する為のクスリは、平成よりも昭和の方が遥かに多かった。だが、今は既に昭和をとうに過ぎた世である。昔のクスリはタイムスリップしない限りは、もう入手は不可能であるが、ここでは、そんな昭和のクスリのポスター集を紹介する。

     

    アキネトン
    アキネトン
    アタラックスP
    アタラックスP
    アスピリン
    アスピリン
    アナフラニール
    アナフラニール
    アモキサン
    アモキサン
    イストニール
    イストニール
    オーラップ
    オーラップ
    オスポロット
    オスポロット
    サイコゾン
    サイコゾン
    ザロンチン
    ザロンチン
    ジプレキサ
    ジプレキサ
    セルシン
    セルシン
    セレネース
    セレネース
    セレネース2
    セレネース2
    セレネース3
    セレネース3
    セレネース4
    セレネース4
    ダルメート
    ダルメート
    テグレトール
    テグレトール
    デリトン
    デリトン
    デリトン2
    デリトン2
    トフラニール
    トフラニール
    トリプタノール
    トリプタノール
    ノリトレン
    ノリトレン
    ノリトレン2
    ノリトレン2
    ハイセレニン
    ハイセレニン
    ピロミジン
    ピロミジン
    プロピタン
    プロピタン
    メレリル
    メレリル

     

     

     

     

    早く死にたい人へのサイト内のリンク集

     

    早く死にたい人へ、死後の世界、霊界、あの世とは?

    早く死にたいと思うことは、異常ではないと思う。

    早く死にたい人が、富士の樹海(青木ヶ原樹海)で早く死ぬ方法・早く自殺する方法

    首吊り自殺未遂の後遺症=首吊り自殺が失敗した時のリスク(早く死にたい人へ)

    突然死で早く死にたい時の、感電で突然死する方法

    トリカブトで早く死にたい時の、トリカブトで早く死ねる方法・自殺方法

    食塩中毒で早く死にたい時の、塩を食べて早く死ぬ方法・食塩の大量摂取にて早く死ねる方法

    農薬や除草剤を飲んで早く死にたい時の、除草剤を飲んで早く死ねる方法、農薬を飲んで早く死ぬ方法

    化粧品で早く死にたい時の、マニキュア除去剤や染毛剤で早く死ぬ方法、パーマネント液や口紅で早く死ねる方法

    錆取り剤や消毒剤で早く死にたい時の、ヨードチンキやクレゾール石鹸液で早く死ねる方法、サンポールで早く死ぬ方法

    ガソリンや灯油やシンナーで早く死にたい時の、軽油や灯油やシンナーで早く死ねる方法・ガソリン・ベンジンで早く死ぬ方法

    殺虫剤・防虫剤で早く死にたい時の、殺虫剤・防虫剤で早く死ねる方法・早く死ぬ方法

    タバコで早く死にたい時の、タバコで早く死ねる方法・タバコで早く死ぬ方法

    医薬品以外で早く死にたい時に、医薬品以外で早く死ぬ方法・早く死ねる方法

    ドラッグ(麻薬)で早く死にたい時の、麻薬(ドラッグ)で早く死ぬ方法・麻薬で早く死ねる方法

    クスリで早く死にたい時の、クスリで早く死ぬ方法・クスリで早く死ねる方法

     

     

     

     

     


    早く死にたいと思っても、自殺してはならない霊的な理由

    早く死にたいと思っても、死んではならない理由[クリック]

    [早く死にたい]は自殺推奨サイトではない。自殺志願者を救う為に、あえて[自殺志願者が検索しそうなキーワードを中心として作った文章]にて網を張り、訪問してきた自殺志願者をリンク先の自殺防止サイトへ導くことが目的である。故に、[早く死にたい]の本来の目的は、あなたを自殺へと導くことではない。あなたの命を救うことにある!故に、自殺志願者であろうあなたは、即刻、以下のリンク先の内容を読んでくれ。

    早く死にたいと思い、自殺で死んでから、自殺霊となり、その時に[自殺の真実]に気付いても、もう遅い!自殺で死んだ後は、既に自分の肉体は生命維持が不可能になっているから、自分の肉体には二度と戻れないぞ!だから、自殺で死ぬ前に[自殺の真実]に気付いてくれ!とりあえず、以下のリンクをクリックして、自殺に関する霊的な知識を習得してください↓

    以下は、霊的な観点から[自殺]を説明した知識へのリンク集です。

    ★Click [あなたが自殺して直面する真実]まとめ
    自殺について
    自殺の問題
    自殺についての二つの投書
    自殺の結果
    愛する者を失い自殺
    迷信の偏見
    軽率な行為
    苦しみの短縮
    恐ろしい激情
    他人の為の犠牲行為
    早く楽になる為の自殺
    恥辱を避ける自殺
    不法行為の自殺
    絶望の挙句の自殺
    自殺に追い込んだ者の責任
    自殺に逃げ道を求める者
    厭世自殺
    自殺と自由意志
    自分の命を絶つ権利
    生の倦怠
    自殺に関する文章

    ★Click [実際に自殺してしまった人の話]まとめ
    前世の罪の記憶で自殺
    破産が原因で自殺した老人
    自殺した高学歴の無神論者
    婚約者の不実に激して自殺
    情死(心中)した二人
    息子の後追い自殺した母
    身投げ自殺した男
    息子の為に自殺した父
    公衆浴場で自殺した男
    自殺した映画女優の警告
    死に気付かぬ自殺霊
    薬物自殺した女の霊
    恋人と心中自殺した霊
    首吊り自殺した女の霊
    自殺した美女
    自刃して果てた侍

    死にたい自殺サイト自殺方法自殺ダメ

    あなたは、自分の人生が悲惨だから早く死にたいと思っているのであろう。しかし、拙者の人生の方がもっと悲惨かもしれないぞ。だから、サイト管理人である私の人生を読んで、自殺するのは止めろ!

    齋藤健一について