• 早く死にたい人は[自殺ダメ]で検索!
    早く死にたいと思っても、自殺してはならない霊的な理由

    早く死にたいと思っても、死んではならない理由[クリック]

    [早く死にたい]は自殺推奨サイトではない。自殺志願者を救う為に、あえて[自殺志願者が検索しそうなキーワードを中心として作った文章]にて網を張り、訪問してきた自殺志願者をリンク先の自殺防止サイトへ導くことが目的である。故に、[早く死にたい]の本来の目的は、あなたを自殺へと導くことではない。あなたの命を救うことにある!故に、自殺志願者であろうあなたは、即刻、以下のリンク先の内容を読んでくれ。

    早く死にたいと思い、自殺で死んでから、自殺霊となり、その時に[自殺の真実]に気付いても、もう遅い!自殺で死んだ後は、既に自分の肉体は生命維持が不可能になっているから、自分の肉体には二度と戻れないぞ!だから、自殺で死ぬ前に[自殺の真実]に気付いてくれ!とりあえず、以下のリンクをクリックして、自殺に関する霊的な知識を習得してください↓

    以下は、霊的な観点から[自殺]を説明した知識へのリンク集です。

    ★Click [あなたが自殺して直面する真実]まとめ
    自殺について
    自殺の問題
    自殺についての二つの投書
    自殺の結果
    愛する者を失い自殺
    迷信の偏見
    軽率な行為
    苦しみの短縮
    恐ろしい激情
    他人の為の犠牲行為
    早く楽になる為の自殺
    恥辱を避ける自殺
    不法行為の自殺
    絶望の挙句の自殺
    自殺に追い込んだ者の責任
    自殺に逃げ道を求める者
    厭世自殺
    自殺と自由意志
    自分の命を絶つ権利
    生の倦怠
    自殺に関する文章

    ★Click [実際に自殺してしまった人の話]まとめ
    前世の罪の記憶で自殺
    破産が原因で自殺した老人
    自殺した高学歴の無神論者
    婚約者の不実に激して自殺
    情死(心中)した二人
    息子の後追い自殺した母
    身投げ自殺した男
    息子の為に自殺した父
    公衆浴場で自殺した男
    自殺した映画女優の警告
    死に気付かぬ自殺霊
    薬物自殺した女の霊
    恋人と心中自殺した霊
    首吊り自殺した女の霊
    自殺した美女
    自刃して果てた侍

    死にたい自殺サイト自殺方法自殺ダメ

    あなたは、自分の人生が悲惨だから早く死にたいと思っているのであろう。しかし、拙者の人生の方がもっと悲惨かもしれないぞ。だから、サイト管理人である私の人生を読んで、自殺するのは止めろ!

    齋藤健一について


    覚醒剤所持で逮捕された瞬間
    覚醒剤所持で逮捕された瞬間

     

    早く死にたい時に、麻薬や覚せい剤やドラッグで早く死ぬ自殺方法とは?

     

    さて、以前、クスリによる早く死ぬ方法を各種紹介したページを制作した。だが、ここで紹介するのは、普通にドラッグストアで販売されているクスリや、医者にかかって処方箋を出してもらうクスリとは異なり、違法薬物のことだ。つまり、脱法ドラッグとか、覚醒剤とか、コカインとか、そのような法に触れるタイプのクスリのことだ。

     

    そして、麻薬というのは、死にとんでもなく近いクスリだ。なぜなら、普通一般の薬が、人体を治す目的で開発されたのに対して、こちらの薬は、人生を破滅させる為に開発されたものだからだ。快楽目的で製造されているとはいえ、一歩その道に踏み込めば、快楽という名の地獄にどっぷりと精神も肉体もはまって、抜け出せなくなる。しかも違法薬物なので、警察にも常に逮捕される心配をせねばならないし、実際に捕まれば、刑務所行きだ。たとえ初犯で執行猶予が付いたとしても、まぁ、また繰り返すのが常だ。麻薬の誘惑は、中々断ち切れないらしいから。

     

    そんな、人体を破滅させる為に開発・製造された藥なので、ドラッグは医薬品に比べて致死量がとんでもなく少量で済む。

     

    しかし、致死量が少量で済むから、じゃあ、ドラッグで薬物自殺を遂げよう!と思っても、さて、ここで大問題がある。そもそも、違法薬物故に、一体どこに売っているのか?という問題だ。

     

    とある元プロ野球選手は、東京で覚せい剤を買うと足が付くので、わざわざ車で群馬県にまで出張して覚醒剤を購入していたとニュースで報道されていた。

     

    しかし、具体的に、群馬県のどこで販売しているのか?麻薬密売人は、一体どこにいるのか?そんなことは、インターネットで調べても、一切不明だ。アングラサイトに潜入すれば、隠語とかで密売人とコンタクトを取れるのかもしれない。しかし、そもそも、ネット上で麻薬取引がなされているアンダーグラウンドサイトなんて、どうやって入ればいいのかなんて、頭の悪い私には分からない。故に、どこで麻薬を売っているのか、一切分からない。

     

    テレビで放送していた元覚醒剤常習者が違法薬物にハマったきっかけとして、路上を歩いていたら、外国人に声を掛けられて、そこから麻薬を買うようになった、というのがあった。しかし、私は神奈川県在住であるが、そんな声をかけられたことなど一度もない。やはり、渋谷とか新宿の、それなりに治安の悪そうな場所に行かねばならないということか。

     

    まぁ、渋谷とか池袋のクラブとかに行けばいいのかな?外国人が大勢いそうな?あんな、ディスコみたいな、暗い部屋の中で、ディスコみたいに踊っている空間に?しかし、私はそういう場所に行きたいとは思わないし、そもそも、覚醒剤もコカインもヘロインも欲しいとは思わない。だから、行く必要もない。

     

    また、たとえ密売人から覚醒剤を入手出来たとしても、それが、果たして本物の覚醒剤なのかは分からない。そもそも、違法なモノを購入しているのだから、己にも脱法行為という認識はあるだろう。故に、偽物を売りつけられたとしても、警察に駆け込むことも出来ない。麻薬を売った側も買った側も、どちらも犯罪者なのだから。

     

    また、その覚醒剤を使い始めたばかりの初心者なのか、又は、何年も使い続けている常習者なのかによっても、その麻薬の致死量は変わって来る。一般にクスリの致死量は、そもそもの大前提として、各個体で異なるのが常だ。ドラッグならば尚更で、使用期間によっても致死量は大きく変化する。覚醒剤等の麻薬の場合、長期間にたわり何度も使い続けると、身体に耐性が付く。それ故、致死量に関しても、初心者と常習者とでは全く異なるのだ。

     

    それ故、脱法薬物という時点で、服薬自殺に麻薬を用いることはそもそも無理がある。故に、麻薬で服薬自殺を遂げるというのは、非現実的なことなので、全く推奨されない。しかし、一応、以下の各麻薬別に、それぞれのドラッグの特徴を紹介しておく。

     

     

    覚醒剤

    戦後直ぐの頃には[ヒロポン]という名称で普通に販売されていた実績を持つ。日本国内の違法薬物としては、最も有名なのが、この覚醒剤である。スポーツ選手や芸能人も、多数、このクスリに溺れて、表舞台から姿を消していった。

     

    覚醒剤の主成分はメタンフェタミンと呼ばれる化学物質である。アンフェタミンとよく似た成分らしいが、私は化学的な知識は皆無故、分からない。

     

    覚醒剤は中枢神経に強く作用し、特に強烈に大脳皮質に作用する。その結果、集中力や活動欲求を高める効果がある。

     

    覚醒剤を用いて早く死ぬ方法としては、あくまでも初心者限定の話であるが、大量のメタンフェタミンを静脈注射すれば、一分以内に心臓の鼓動が激しくなり、異常な量の汗をひっきりなしにかくようになる。そして呼吸速度はとても速くなり、その後に瞳孔が拡大する。最終的には循環器不全に至り死亡する。また、脳内出血を引き起こす可能性もある。服用する形で摂取するよりも、直接静脈に注射する方が遥かに致死率が高まるらしい。

     

    しかし、それはあくまでも覚醒剤に対して耐性が未発達な初心者の話で、覚醒剤の常連客の場合は、強固な耐性が体内に構築されている故、ちょっとやそこらの量を注射した程度では、苦しむのみで、死に切れない確率が極めて高いという。

     

    死に切れない場合は、長期間にわたり地獄の苦しみを味わうことになる。とある男が、3gの覚醒剤を服用した後に昏睡状態に陥った。意識不明のまま、顔の筋肉は痙攣を起こしており、病院に運び込まれた。しかし、10日後には完治して退院したという。つまり、この男は覚醒剤の常習者だった故に、体内に強固な耐性が出来ており、3g程度の覚醒剤では死に切れなかったということだ。ただ、3gよりも遥かに少量で自殺を遂げたという事例もあり、やはりこればっかりは、どの程度の量で死に至るとは、断言不可能である。

     

     

    コカイン

    コカインはアメリカで大人気のドラッグであり、あの超有名な米国人女性歌手もコカイン中毒で死亡している。但し、コカインはヘロイン等の、より強烈な麻薬よりは比較的危険性は低いので、たとえコカインを大量摂取したとしても、死に切れる確率は極めて低い。

     

    コカインを摂取すれば、中枢神経系に強烈に作用する。覚醒剤と同等の働きをする。コカインの急性中毒死は、通常、注射直後から三時間以内に死ぬと言われている。また、死なないとしても、激しい頭痛が発生するという。

     

    コカインは、日本国内においては、覚醒剤程には出回っていないらしい。

     

     

    アヘン・モルヒネ・ヘロイン

    これらの、アヘン・モルヒネ・ヘロインは、同種の麻薬として分類可能だ。アヘンはケシの皮を加工して粉末状にしたものだ。その中の主成分になっているものがモルヒネであり、そのモルヒネを加工し、成分をより強力にしたものがヘロインだ。つまり、ヘロインが最も強烈に作用し、アヘンが最も作用は低い。

     

    これらは覚醒剤やコカインとは真逆の反応を示すらしい。つまり、中枢神経を抑制し、うっすらとした快楽をもたらすらしい。つまり、覚醒剤やコカインがアップ系ドラッグと呼ばれるのに対し、アヘン・モルヒネ・ヘロインはダウン系ドラッグと呼ばれているらしい。

     

    吸ったり注射したりして体内に摂取するのだが、即座に多幸感に見舞われることもあれば、その逆の激しい吐き気や悪寒に襲われることもあるらしい。その後、血圧低下、体温低下、呼吸が小さくなる。最終的には昏睡状態に陥り、半日後位までには心停止で死亡するという。ちなみにヘロインのみ、腎不全に陥ることもある。

     

     

    スピードボール

    これは特定の麻薬を指す言葉ではなく、異なる麻薬同士を混ぜ合わせて摂取することを[スピードボール]と呼ぶ。混ぜ合わせることにより、相乗効果で致死率は大幅にアップするとのこと。睡眠薬と覚醒剤を同時に摂取するとかも、このスピードボールに該当するとのこと。勿論、コカインとヘロインを混ぜ合わせることもスピードボールと言う。でも、混ぜ合わせたとしても、コカヘロンなどという名称にはならない。あくまでも、スピードボールと呼ぶらしい。

     

    特にアップ系の麻薬とダウン系の麻薬を混ぜ合わせて作ったスピードボールは、中枢神経に強烈に働く。刺激と抑制が交互に表れて、まるで嵐の海に浮かぶ小舟のような状態となる。心臓が激しく鼓動した後に、心停止一歩手前まで鼓動が小さくなるというふうに、全く異なる作用が数秒間隔で入れ替わる。勿論、アップ系同士のスピードボールや、ダウン系同士のスピードボウルというパターンもあり得る。その場合、それぞれの特徴が倍加されるなどの作用が表れるという。例として、覚醒剤とコカインのスピードボールや、覚醒剤とLSDのスピードボウル等だ。

     

     

    幻覚剤・LSD

    LSDは、他の麻薬に比べて、超少量でも作用する麻薬である。それ故、致死量も少なくて済む。但し、今、市場に出回っているLSDに関しては、純度はとても低い。故に、カルピスの原液ではなく、とてつもなく薄められたカルピスのようなものが出回っていると考えてもらってよい。故に、麻薬組織の元締め等の立場でない限りは、純粋なLSDを入手することは不可能であろう。

     

    LSDはアップ系のドラッグであり、幻覚作用がある。大量に服用すれば心悸亢進が起こる。パニック状態にも陥り、発狂したような形になり、突発的に電車に飛び込む等の奇怪な行動に走る危険性がある。ただ、それは大量摂取した場合であり、通常使用の範囲内ならば、他の麻薬よりも安全性は高いらしい。要は、摂取量次第という話だ。

     

     

    と、まあ、以上、様々な麻薬・ドラッグを紹介してきた。しかし、いくら早く死にたいからといっても、違法な薬物を使って早く死ぬ試みは、やはり避けた方がよい。もしも自殺未遂で終わり、病院に運び込まれて精密検査をされたら、医者はプロなのだから、直ぐにドラッグの大量服用という事実は判明するだろう。そうなれば、即、警察官があなたの入院する病室にやって来て、強い口調で聞き取り調査を始めるだろう。何しろ、只の自殺未遂者ではなく、立派な犯罪者に対する取り調べなのだから。

     

     

     

     

    早く死にたい人へのサイト内のリンク集

     

    早く死にたい人へ、死後の世界、霊界、あの世とは?

    早く死にたいと思うことは、異常ではないと思う。

    早く死にたい人が、富士の樹海(青木ヶ原樹海)で早く死ぬ方法・早く自殺する方法

    首吊り自殺未遂の後遺症=首吊り自殺が失敗した時のリスク(早く死にたい人へ)

    突然死で早く死にたい時の、感電で突然死する方法

    トリカブトで早く死にたい時の、トリカブトで早く死ねる方法・自殺方法

    食塩中毒で早く死にたい時の、塩を食べて早く死ぬ方法・食塩の大量摂取にて早く死ねる方法

    農薬や除草剤を飲んで早く死にたい時の、除草剤を飲んで早く死ねる方法、農薬を飲んで早く死ぬ方法

    化粧品で早く死にたい時の、マニキュア除去剤や染毛剤で早く死ぬ方法、パーマネント液や口紅で早く死ねる方法

    錆取り剤や消毒剤で早く死にたい時の、ヨードチンキやクレゾール石鹸液で早く死ねる方法、サンポールで早く死ぬ方法

    ガソリンや灯油やシンナーで早く死にたい時の、軽油や灯油やシンナーで早く死ねる方法・ガソリン・ベンジンで早く死ぬ方法

    殺虫剤・防虫剤で早く死にたい時の、殺虫剤・防虫剤で早く死ねる方法・早く死ぬ方法

    タバコで早く死にたい時の、タバコで早く死ねる方法・タバコで早く死ぬ方法

    医薬品以外で早く死にたい時に、医薬品以外で早く死ぬ方法・早く死ねる方法

    ドラッグ(麻薬)で早く死にたい時の、麻薬(ドラッグ)で早く死ぬ方法・麻薬で早く死ねる方法

    クスリで早く死にたい時の、クスリで早く死ぬ方法・クスリで早く死ねる方法

     

     

     

     

     


    早く死にたいと思っても、自殺してはならない霊的な理由

    早く死にたいと思っても、死んではならない理由[クリック]

    [早く死にたい]は自殺推奨サイトではない。自殺志願者を救う為に、あえて[自殺志願者が検索しそうなキーワードを中心として作った文章]にて網を張り、訪問してきた自殺志願者をリンク先の自殺防止サイトへ導くことが目的である。故に、[早く死にたい]の本来の目的は、あなたを自殺へと導くことではない。あなたの命を救うことにある!故に、自殺志願者であろうあなたは、即刻、以下のリンク先の内容を読んでくれ。

    早く死にたいと思い、自殺で死んでから、自殺霊となり、その時に[自殺の真実]に気付いても、もう遅い!自殺で死んだ後は、既に自分の肉体は生命維持が不可能になっているから、自分の肉体には二度と戻れないぞ!だから、自殺で死ぬ前に[自殺の真実]に気付いてくれ!とりあえず、以下のリンクをクリックして、自殺に関する霊的な知識を習得してください↓

    以下は、霊的な観点から[自殺]を説明した知識へのリンク集です。

    ★Click [あなたが自殺して直面する真実]まとめ
    自殺について
    自殺の問題
    自殺についての二つの投書
    自殺の結果
    愛する者を失い自殺
    迷信の偏見
    軽率な行為
    苦しみの短縮
    恐ろしい激情
    他人の為の犠牲行為
    早く楽になる為の自殺
    恥辱を避ける自殺
    不法行為の自殺
    絶望の挙句の自殺
    自殺に追い込んだ者の責任
    自殺に逃げ道を求める者
    厭世自殺
    自殺と自由意志
    自分の命を絶つ権利
    生の倦怠
    自殺に関する文章

    ★Click [実際に自殺してしまった人の話]まとめ
    前世の罪の記憶で自殺
    破産が原因で自殺した老人
    自殺した高学歴の無神論者
    婚約者の不実に激して自殺
    情死(心中)した二人
    息子の後追い自殺した母
    身投げ自殺した男
    息子の為に自殺した父
    公衆浴場で自殺した男
    自殺した映画女優の警告
    死に気付かぬ自殺霊
    薬物自殺した女の霊
    恋人と心中自殺した霊
    首吊り自殺した女の霊
    自殺した美女
    自刃して果てた侍

    死にたい自殺サイト自殺方法自殺ダメ

    あなたは、自分の人生が悲惨だから早く死にたいと思っているのであろう。しかし、拙者の人生の方がもっと悲惨かもしれないぞ。だから、サイト管理人である私の人生を読んで、自殺するのは止めろ!

    齋藤健一について