• 早く死にたい人は[自殺ダメ]で検索!
    早く死にたいと思っても、自殺してはならない霊的な理由

    早く死にたいと思っても、死んではならない理由[クリック]

    [早く死にたい]は自殺推奨サイトではない。自殺志願者を救う為に、あえて[自殺志願者が検索しそうなキーワードを中心として作った文章]にて網を張り、訪問してきた自殺志願者をリンク先の自殺防止サイトへ導くことが目的である。故に、[早く死にたい]の本来の目的は、あなたを自殺へと導くことではない。あなたの命を救うことにある!故に、自殺志願者であろうあなたは、即刻、以下のリンク先の内容を読んでくれ。

    早く死にたいと思い、自殺で死んでから、自殺霊となり、その時に[自殺の真実]に気付いても、もう遅い!自殺で死んだ後は、既に自分の肉体は生命維持が不可能になっているから、自分の肉体には二度と戻れないぞ!だから、自殺で死ぬ前に[自殺の真実]に気付いてくれ!とりあえず、以下のリンクをクリックして、自殺に関する霊的な知識を習得してください↓

    以下は、霊的な観点から[自殺]を説明した知識へのリンク集です。

    ★Click [あなたが自殺して直面する真実]まとめ
    自殺について
    自殺の問題
    自殺についての二つの投書
    自殺の結果
    愛する者を失い自殺
    迷信の偏見
    軽率な行為
    苦しみの短縮
    恐ろしい激情
    他人の為の犠牲行為
    早く楽になる為の自殺
    恥辱を避ける自殺
    不法行為の自殺
    絶望の挙句の自殺
    自殺に追い込んだ者の責任
    自殺に逃げ道を求める者
    厭世自殺
    自殺と自由意志
    自分の命を絶つ権利
    生の倦怠
    自殺に関する文章

    ★Click [実際に自殺してしまった人の話]まとめ
    前世の罪の記憶で自殺
    破産が原因で自殺した老人
    自殺した高学歴の無神論者
    婚約者の不実に激して自殺
    情死(心中)した二人
    息子の後追い自殺した母
    身投げ自殺した男
    息子の為に自殺した父
    公衆浴場で自殺した男
    自殺した映画女優の警告
    死に気付かぬ自殺霊
    薬物自殺した女の霊
    恋人と心中自殺した霊
    首吊り自殺した女の霊
    自殺した美女
    自刃して果てた侍

    死にたい自殺サイト自殺方法自殺ダメ

    あなたは、自分の人生が悲惨だから早く死にたいと思っているのであろう。しかし、拙者の人生の方がもっと悲惨かもしれないぞ。だから、サイト管理人である私の人生を読んで、自殺するのは止めろ!

    齋藤健一について


    突然死するには、感電死が一番手っ取り早く死ねるらしい

     

    感電で突然死する方法
    感電で突然死する方法

     

    さて、早く死にたいと思った時に、真っ先に思い浮かぶことが、[なるべくなら痛みを感じずに瞬時に死にたい]ということであろう。しかし、そんな都合のよい死に方はそうそうない。首吊りにしろ、絶命するまでに10分程度はかかるかもしれない。また、飛び降り自殺や飛び込み自殺となれば、赤の他人に大迷惑をかけてしまう。また、即死出来るとも限らない。もしかしたら、打ちどころが悪くて死に切れずに、重度の障害者になってしまうかもしれない。

     

    そういった観点から考えるに、有名どころの自殺方法のどれもが、早く死ねない、突然死できない自殺方法となっている。では、やっぱり痛みを感じることなく安らかに一瞬で逝きたい!という願いを叶えられる自殺方法など存在しないのか?と思えば、そうでもない。それは、感電死である。

     

    感電自殺は、少々データが古いが、1991年の自殺者総数が19875人である内、たったの56人しか採用していない自殺の死に方だ。しかも、男が9割方である。女はたったの5%程度しかいない。

     

    まあ、そもそも、電気工事関連の仕事にしても、殆どが男である。女性のやるような仕事ではないというのが一般的な認識だ。やはり、女性は電柱の工事とかをする立場ではないし、感電に対する恐怖心が男よりも遥かにあるのだろう。故に、感電自殺は大体が男性となっている。

     

    ただ、全体の自殺者数に対する割合はごく少数だとはいえ、感電自殺するということは、瞬間的に呼吸が停止し、心臓も止まる。所謂ショック死というものであり、瞬間的な1秒程度の痛みに耐えれば死に切れる可能性を秘めた楽な自殺方法だと言える。安楽死と表現しても構わないかもしれない。

     

    まあ、自宅にある感電道具といえば、やはり真っ先に思い浮かぶ道具が電気コードである。コンセントに挿して使用する通電の為の道具だ。タコ足配線が問題になることもある。その電気コードを体中に巻き付け、自宅の自室内で感電死する方法もあるという。

     

    それは早く死に切れる簡単な死に方である。まず、コンセントとは反対方向、所謂電化製品のコンセントを差し込む穴のある方を手元に手繰り寄せて、カッターナイフ等を使用し、被膜を全て剥がす。この時はまだ通電させておく必要はない。その後、全て被膜のゴムの部分を剥がし終えたら、自身の体中に貼る。つまりは、剥き出しの銅線をガムテープかセロハンテープ等で体中に貼るのだ。足でも脚でも腰でも胸でも肩でも耳でもよかろう。その後、通電させる。その結果、体中に家庭用の電流が流れ込み、死んでしまうかもしれない。

     

    ただ、この感電自殺方法は、突然死の確率はあるものの、100%楽に死ねる保証は一切ない。感電自殺未遂に終わってしまうことも多々あるという。勿論、身体の頑丈さや体の大きさ、そして年齢によっても助かる見込みは異なるであろう。とにかく、そのようなシンプルな自殺方法、通電により死に至る可能性を秘めたのが、この感電自殺方法なのである。

     

     

    突然死を確実に狙うならば、心臓に通電させる

    さて、突然死を狙うには感電自殺が最適である、と述べたが、では具体的な感電自殺方法について記述していこうと思う。まあ、最も確実性の高い感電自殺とは、地域の変電所に勝手に入り、超高圧電流が通電している部分に故意に触る、という方法が、最も短絡的かつ無難な突然死方法と言える。ただ、ごく簡単に[変電所に侵入]等と書いたが、当然、社会インフラの中の重要な施設である故、部外者の立ち入りは固く制限されている。警備員もおることだし、テロも警戒している故、まず無断侵入は無理と思っておこう。

     

    とはいえ、やはり、体に高圧電流が流れれば、丁度落雷が直撃した衝撃の如く、たったの一秒で死ねる可能性さえある。まあ、瞬時に死ねないと、突然死とは言えない。心筋梗塞等の心臓発作による急死も突然死の一つであるが、こちらは、やはりある程度高齢者でなければ心筋梗塞なんてやってこない。まだ20代の健康体の若者には、まあ、まず、病死による突然死などは来訪しないであろう。

     

    落雷の直撃で突然死するには?
    落雷の直撃で突然死するには?

     

    故に、雷の直撃を狙うという突然死方法もある。だが、一年の内、雷鳴が轟く日というのは、数える程しかなく、また、いつ雷雨が発生するのかも予測不可能である。私は神奈川在住であるが、たまに雷が鳴る日は確かにある。だが、周囲にだだっ広い広場のような場所はない。たとえ運動場とかグラウンドの真ん中にポツンと突っ立っておっても、都合よく自分に雷が直撃してくれる保証もない。それに、グラウンドの場合、確かに平地で広いが、四隅にネットが張り巡らされており、ネットを張っている支柱の方が高さがある故、そちらに落下するかもしれない。また、周囲に木も沢山ある。故に、落雷の直撃目当てで屋外にて突然死を狙う方法というのは、無理があり、この案は立ち消えということにする。

     

    という訳で、雷案は無理と判明した。次に、やはり人工的な電気でもって突然死を狙う方法を伝授する。それは、自室のコンセントから得られる電流を自分自身の体に流し込み、瞬間的な感電にて心臓停止を狙い、突然死を誘発する自殺方法だ。これならば、変電所のような警戒が厳重な施設に立ち入らずとも実行可能だ。

     

    タイマーをセットして、睡眠中に感電死する方法もあるということだが、ここら辺は、理工学系の知識が無ければ無理であろう。事実、私は全く理解できない。図工も工作も不得意であり、理数系は足し算と引き算と掛け算程度しか出来ない。故に、安い腕時計を加工して時限爆弾を作るようなアルカイダ系のテロリストのような知識は微塵も無い。よって、タイマーセットで突然死を狙う方法も一切不明である。

     

    まあ、とにかく、時限式の感電自殺でなくとも、とにかく被膜のゴムの部分を通電させていない時に全て剥がし、自身の肉体に貼り付け、コンセントに差し込んで通電させれば、不思議なことに、突然死が狙えるという訳だ。

     

    だが、肉体に巻き付ける部位については、貼り付ける位置により、確実性がやや変動するとのこと。一つの銅線を胸部に貼り付ける形が最も確実性が高いのだが、それが嫌ならば、両腕に貼り付けるのも可能だ。但し、突然死が失敗する可能性は高まる。但し、二か所に電気コードを張り付ける場合、どちらか一方を自身の心臓に近い部位に貼り付けると、より突然死の可能性が高まるとのこと。

     

    電極の一端を口の中に入れるとか、肛門に電極を差し込んで通電させて突然死を狙う方法もあるそうだが、それは流石に、死後の死体の見た目が恥ずかし過ぎる。いくら死んだ後のことなど知らないとは申しても、やはり第一発見者のことも考えねばならない。そのような馬鹿らしい死体を見たら、一生、目に焼き付いて、嫌な思いをするであろうから。

     

    また、導線を張り付ける方法であるが、ガムテープで貼り付けるのが最も効果的だ。セロテープでも可能だが、粘着力がガムテープに劣る故、やはりガムテープの方がよい。紙テープはその中間に位置する。とにかく、通電による突然死の成功確率を飛躍的に上げるコツとしては、身体と電気コードとの接触部位を水で濡らしておいた方がよいとのこと。そうすることにより、電気抵抗が少なくなり、より電気が通り易くなり、結果として、突然死する確率も増すらしい。まあ、何も単なる水でなくとも、ウイスキーとかウーロン茶でも可能らしいが。

     

    まあ、濡らす効能としては、通常の乾いた皮膚に通電させても、100%の状態、つまり100V(ボルト)は到底流れないらしい。しかし、濡らすことにより、ほぼ100V通電するようになるとのこと。また、なにも濡らさなくとも、湿ったガーゼや布や脱脂綿等を張り付けても、突然死の可能性を高める効果が期待できる。濡らす液体は食塩水がベストとのこと。

     

    心電図を測る時に肌に塗るクリームというものがあるらしいが、これを用いると感電死の成功確率が上昇するとのこと。しかし、やはり医療従事者以外は、このクリームは入手不可能であろうから、除外である。なんだか、そのクリームは電気抵抗を小さくする効果があるという。ドラゴンクエストの小道具のような感じである。

     

    まあ、あとは、10円玉は銅で加工されている故、10円玉を伝導体に使用するという方法もありです。10円玉を沢山用意して、全ての10円玉に銅線を括りつけて、その線を体中に巻き付けて通電させれば、あら不思議、簡易的な突然死装置の出来上がりという訳である。まあ、実際に使用したことはないので、どうなるのか一切不明ですが。

     

    その他にも、心臓に針を付き刺して、その針に電気コードを巻き付けて通電させるという突然死の方法もある。変圧器を用いて、家庭用の電圧をより高電圧に変化させれば、更に突然死の致死率は高くなるという。

     

    しかし、心臓付近に直接針を刺したまま掛け布団をかけて寝られないであろう。起きている時に通電させて突然死を狙う方法もあるが、やはり有意識下だと、恐怖心が勝って、実行する直前で拒否する可能性がある。故に、やはりアルコールを多量に飲み、酩酊状態にて睡眠に入り、寝ている途中で突然死が起きるようにタイマーをセッティングしておくべきであろう。それが最も確実な突然死方法であろう。その時に、出来るだけ電圧を上げておくことが肝要。

     

    また、風呂場の桶に水か湯を張った浴槽に裸で入り、風呂の中で感電自殺を遂げる方法もある。その場合、作動中の小さな家電製品を浴槽の中に入れると突然死する確率が発生する。昔、欧州の方で、スマートフォンのアイフォンを自分自身が入浴中に使用しており、誤って風呂の中に落としてしまって、感電して突然死した若い女性のニュースがあった。そのように、簡単に人体は死んでしまうのだ。でも、ゴムゴムの実という悪魔の実を食べたモンキー・D・ルフィならば、ゴムだから通電しないので、助かるのだが。

     

    まあ、スマホの他にも、電気カミソリやアイパッド等でも感電死する可能性自体はあるが、やはり確実性はない。上で説明した浴槽の中での感電死のケースは、たまたま死んでしまった、というのが本当のところであろう。毎回、そのパターンで確実に突然死できる訳ではない。

     

    ただ、浴槽の中での突然死の確率を上昇させるコツとしては、伝導性を多少なりともアップさせる為に、水や湯の中に食塩を多量に入れておくとよいらしい。

     

     

    [突然死の時の痛み]について

    さて、今まで色々と突然死のやり方を説明してきたつもりだ。しかし、皆さんの最大の関心事は、やはり[痛み・苦しみ]であろう。タイマーセットで睡眠中に突然死する方法を用いれば、痛みを感じずに死ねる確率は高い。就寝中ならば、いつ通電するのか、ビリビリするのかなんて、夢の中なのだから、気にならない。故に、無意識の内に心臓の収縮が起き、その直後に意識喪失となり、やがて心停止による血液の体内循環が止まり、全てが終わる。

     

    更には、筋弛緩剤を用いれば、意識朦朧とした状態下故に、瞬時のピリッとした感覚的な激痛に襲われるが、それも無自覚の内に死ねるらしい。まあ、死人に口なし故、生き残っている人の証言でしかないが。ただ、筋弛緩剤など、殺人事件によく用いられる薬剤故、医者や看護師でもない一般人が入手することは到底無理である。故に、どうしても通電してから心停止までの間は、筋肉の痙攣を味わわねばならないとのこと。

     

    但し、筋弛緩剤を入手出来なかったとしても、アルコール、つまり酒や睡眠薬を大量に摂取した後ならば、意識も痛覚も朦朧としている故、こっちのパターンならば、あまり痛みを感じずに突然死を狙うことが可能だ。但し、数秒間の痛みは耐えねばならないが、それでも、ごく短時間の痛みに耐えれば突然死できるのならば、安いものである。

     

    だが、数秒間とも限らず、もっと長い時間かかるかもしれない。とにかく、死ぬまでにかかる時間は不明だ。とにかく、安上がりの感電自殺という方法にて自宅の中で突然死を狙うというのは、虫が良すぎる。そんな都合よく簡易的な自殺が成功する保証など、一切ないのだから。それ故、年間の自殺者に占める感電自殺者は、毎年、ごく少数なのだ。確実に死ねる感覚が、今一ピンと来ない死に方なのである。自殺行為なので、保険会社も補償してくれないよん。当然、生命保険の保険金も下りないことだろう。まあ、民間の保険会社の約款内容は読んでないので不明ですが。

     

    また、感電時に、あまりの通電具合によりブレーカーが落ちる心配をする人もいるが、それも心配無用らしい。近代のブレーカーは頑丈に作られているし、数々の感電自殺死体を検死してきた検死官も、そのようなケースは無かった、ということだ。

     

    また、電気椅子に座って突然死を狙う方法もあるにはあるが、もう今時、電気椅子による処刑を行っているアメリカの州などは無いであろう。大抵は薬物注射による処刑であるし、そもそも、死刑制度が残存している州の方が少ないように感じる。また、一体どうやって日本人の自殺志願者がアメリカまで行くのか?金も無いのに。また、電気椅子で処刑されるには、アメリカで殺人事件等の重大な犯罪を犯して、アメリカの刑務所に入る必要がある。しかもアメリカの刑務所みたいな暗黒街の中に、英語も話せない日本人が一人ポツンと入っていけば、地獄を見るのは明らかだ。故に、電気椅子で突然死を狙う方法は無理があり過ぎるので却下です。

     

    さて、話を日本国内での感電自殺の話に戻すが、人の皮膚の電気抵抗は、乾燥状態ならば1000Ω(オーム)から2000Ωである。勿論、若々しい肌とシワシワの老齢の肌とでは水分含有量も違い、若干の差異もあろう。しかし、大体はこうである。

     

    で、人体の心肺停止を求めるには、最低でも100mA無ければならない。その程度の強い電流が無ければ、心室細動を意図的に引き起こすことは不可能なのである。だが、皮膚の上を濡らせば、通電割合はもっと高まり、結果的に突然死確率は飛躍的に上昇するという。

     

    但し、高圧電流のような一瞬で黒焦げになる楽な死に方は望むべくもないが、家庭内で行える感電自殺の場合には、強い電流よりも弱い電流の方が心臓の鼓動を乱す効果があるという。故に、家庭用の電流のような弱小電気の場合に限っては、強ければ強い電流ほど突然死が期待できる、という訳でもないらしい。一瞬で黒焦げになることを期待できる新幹線のパンタグラフに接触するようなことは出来ないのだから、あくまでも、心臓に電気を通し、鼓動のリズムを乱し、痙攣を意図的に引き起こし、突然死を狙う方法しかないのだ。

     

    もっと具体的に説明すれば、人間の体にとって最も脅威となる電気周波数は50~60Hzだという。これは関東と関西の家庭用電流の周波数と同じである。また、コンセントから直接摂取する交流電流の方が、直流電流よりも若干心室細動を引き起こし易いという。つまり、心臓に数秒間のみ通電させれば、家庭用電圧のような弱い電流であっても、十分に致死を狙うことが可能だということだ。

     

    まあ、浴槽の中で、水に通電させて死亡したケースにおいては、死因は心停止かショック死となる。脳内に激しい電気が流れれば呼吸中枢を麻痺させ、呼吸困難に至り、終いには呼吸停止に至るケースもある。だが、そのように素直に上手く事が運ぶことは珍しいらしい。とにかく、素人が家庭内で突然死を狙う方法としての感電死を説明してきたつもりだが、やはり、素人には厳しいらしい。私もこのように感電自殺に関して色々と記載しているのだが、ΩとかHzとか、電気関連の知識が全く無い故に、本音はチンプンカンプンである。ただ、資料にそのように書かれているので、若干の改変をして書き記しているだけである。

     

     

    感電死による突然死の遺体の損傷具合は?

    さて、感電自殺による死ぬまでの経過のことは上述してきた限りだ。これからは、肝心の、死後の死体のことを述べたいと思う。

     

    まあ、突然死とはいえ、感電自殺は病気の心臓発作による突然死ではない。故に、身体全体に酷い損傷具合が散見できるのでは?と思いがちであろう。しかし、真実は真逆である。

     

    真っ黒焦げの死体になるような高圧電流でない限りは、電極が刺されていた場所にうっすらと赤みを帯びた火傷痕が残っている程度で、死体自体の損傷はそれ程はない。ちゃんと皮膚を濡らして電気抵抗を極端に少なくした上での電気自殺ならば、この極めて小さな火傷痕さえも残っていないケースもあるという。

     

    まあ、とにかく、飛び降り自殺のように、とても高い場所から飛び降りて地面に激突し、即死するケースも、まあ、突然死と言えるが、その場合には、自殺した後の遺体がグチャグチャになってしまう。それでは、葬式の時に酷く困ることになろう。故に、やはり、この感電自殺による突然死方法という手段は、葬式及び火葬の時まで遺体を綺麗な状態のまま保存するという意味においては、極めて優れた自殺方法だと言える。

     

    但し、当然のことながら、それは突然死した直後に都合よく発見してもらえた場合の話である。しかし、もしも夏場の密室で死亡したとしたら、三日間誰にも発見されなければ、腐乱死体になってしまうのは明白故、やはり注意が必要である。だから、時間差で誰かに知らせる工夫が必要となる。

     

    突然死するといっても、やはりそれなりの死に方の工夫及び周囲への配慮が必要なのだ。

     

     

     

    早く死にたい人へのサイト内のリンク集

     

    早く死にたい人へ、死後の世界、霊界、あの世とは?

    早く死にたいと思うことは、異常ではないと思う。

    早く死にたい人が、富士の樹海(青木ヶ原樹海)で早く死ぬ方法・早く自殺する方法

    首吊り自殺未遂の後遺症=首吊り自殺が失敗した時のリスク(早く死にたい人へ)

    突然死で早く死にたい時の、感電で突然死する方法

    トリカブトで早く死にたい時の、トリカブトで早く死ねる方法・自殺方法

    食塩中毒で早く死にたい時の、塩を食べて早く死ぬ方法・食塩の大量摂取にて早く死ねる方法

    農薬や除草剤を飲んで早く死にたい時の、除草剤を飲んで早く死ねる方法、農薬を飲んで早く死ぬ方法

    化粧品で早く死にたい時の、マニキュア除去剤や染毛剤で早く死ぬ方法、パーマネント液や口紅で早く死ねる方法

    錆取り剤や消毒剤で早く死にたい時の、ヨードチンキやクレゾール石鹸液で早く死ねる方法、サンポールで早く死ぬ方法

    ガソリンや灯油やシンナーで早く死にたい時の、軽油や灯油やシンナーで早く死ねる方法・ガソリン・ベンジンで早く死ぬ方法

    殺虫剤・防虫剤で早く死にたい時の、殺虫剤・防虫剤で早く死ねる方法・早く死ぬ方法

    タバコで早く死にたい時の、タバコで早く死ねる方法・タバコで早く死ぬ方法

    医薬品以外で早く死にたい時に、医薬品以外で早く死ぬ方法・早く死ねる方法

    ドラッグ(麻薬)で早く死にたい時の、麻薬(ドラッグ)で早く死ぬ方法・麻薬で早く死ねる方法

    クスリで早く死にたい時の、クスリで早く死ぬ方法・クスリで早く死ねる方法

     

     

     

     

     

     

     


    早く死にたいと思っても、自殺してはならない霊的な理由

    早く死にたいと思っても、死んではならない理由[クリック]

    [早く死にたい]は自殺推奨サイトではない。自殺志願者を救う為に、あえて[自殺志願者が検索しそうなキーワードを中心として作った文章]にて網を張り、訪問してきた自殺志願者をリンク先の自殺防止サイトへ導くことが目的である。故に、[早く死にたい]の本来の目的は、あなたを自殺へと導くことではない。あなたの命を救うことにある!故に、自殺志願者であろうあなたは、即刻、以下のリンク先の内容を読んでくれ。

    早く死にたいと思い、自殺で死んでから、自殺霊となり、その時に[自殺の真実]に気付いても、もう遅い!自殺で死んだ後は、既に自分の肉体は生命維持が不可能になっているから、自分の肉体には二度と戻れないぞ!だから、自殺で死ぬ前に[自殺の真実]に気付いてくれ!とりあえず、以下のリンクをクリックして、自殺に関する霊的な知識を習得してください↓

    以下は、霊的な観点から[自殺]を説明した知識へのリンク集です。

    ★Click [あなたが自殺して直面する真実]まとめ
    自殺について
    自殺の問題
    自殺についての二つの投書
    自殺の結果
    愛する者を失い自殺
    迷信の偏見
    軽率な行為
    苦しみの短縮
    恐ろしい激情
    他人の為の犠牲行為
    早く楽になる為の自殺
    恥辱を避ける自殺
    不法行為の自殺
    絶望の挙句の自殺
    自殺に追い込んだ者の責任
    自殺に逃げ道を求める者
    厭世自殺
    自殺と自由意志
    自分の命を絶つ権利
    生の倦怠
    自殺に関する文章

    ★Click [実際に自殺してしまった人の話]まとめ
    前世の罪の記憶で自殺
    破産が原因で自殺した老人
    自殺した高学歴の無神論者
    婚約者の不実に激して自殺
    情死(心中)した二人
    息子の後追い自殺した母
    身投げ自殺した男
    息子の為に自殺した父
    公衆浴場で自殺した男
    自殺した映画女優の警告
    死に気付かぬ自殺霊
    薬物自殺した女の霊
    恋人と心中自殺した霊
    首吊り自殺した女の霊
    自殺した美女
    自刃して果てた侍

    死にたい自殺サイト自殺方法自殺ダメ

    あなたは、自分の人生が悲惨だから早く死にたいと思っているのであろう。しかし、拙者の人生の方がもっと悲惨かもしれないぞ。だから、サイト管理人である私の人生を読んで、自殺するのは止めろ!

    齋藤健一について