• 早く死にたい人は[自殺ダメ]で検索!
    早く死にたいと思っても、自殺してはならない霊的な理由

    早く死にたいと思っても、死んではならない理由[クリック]

    [早く死にたい]は自殺推奨サイトではない。自殺志願者を救う為に、あえて[自殺志願者が検索しそうなキーワードを中心として作った文章]にて網を張り、訪問してきた自殺志願者をリンク先の自殺防止サイトへ導くことが目的である。故に、[早く死にたい]の本来の目的は、あなたを自殺へと導くことではない。あなたの命を救うことにある!故に、自殺志願者であろうあなたは、即刻、以下のリンク先の内容を読んでくれ。

    早く死にたいと思い、自殺で死んでから、自殺霊となり、その時に[自殺の真実]に気付いても、もう遅い!自殺で死んだ後は、既に自分の肉体は生命維持が不可能になっているから、自分の肉体には二度と戻れないぞ!だから、自殺で死ぬ前に[自殺の真実]に気付いてくれ!とりあえず、以下のリンクをクリックして、自殺に関する霊的な知識を習得してください↓

    以下は、霊的な観点から[自殺]を説明した知識へのリンク集です。

    ★Click [あなたが自殺して直面する真実]まとめ
    自殺について
    自殺の問題
    自殺についての二つの投書
    自殺の結果
    愛する者を失い自殺
    迷信の偏見
    軽率な行為
    苦しみの短縮
    恐ろしい激情
    他人の為の犠牲行為
    早く楽になる為の自殺
    恥辱を避ける自殺
    不法行為の自殺
    絶望の挙句の自殺
    自殺に追い込んだ者の責任
    自殺に逃げ道を求める者
    厭世自殺
    自殺と自由意志
    自分の命を絶つ権利
    生の倦怠
    自殺に関する文章

    ★Click [実際に自殺してしまった人の話]まとめ
    前世の罪の記憶で自殺
    破産が原因で自殺した老人
    自殺した高学歴の無神論者
    婚約者の不実に激して自殺
    情死(心中)した二人
    息子の後追い自殺した母
    身投げ自殺した男
    息子の為に自殺した父
    公衆浴場で自殺した男
    自殺した映画女優の警告
    死に気付かぬ自殺霊
    薬物自殺した女の霊
    恋人と心中自殺した霊
    首吊り自殺した女の霊
    自殺した美女
    自刃して果てた侍

    死にたい自殺サイト自殺方法自殺ダメ

    あなたは、自分の人生が悲惨だから早く死にたいと思っているのであろう。しかし、拙者の人生の方がもっと悲惨かもしれないぞ。だから、サイト管理人である私の人生を読んで、自殺するのは止めろ!

    齋藤健一について


    首吊り自殺の後遺症とは?

     

    さて、首吊り自殺未遂で後遺症に苦しむ日々を送る人というのは、実はこの日本国内に大勢いる。致死率が極めて高い、優秀な自殺手段である縊死ではあるが、やはり首吊りを試みた自殺志願者全員が全員、その場で死に切れる訳ではない。中には首吊り自殺に失敗する者もいる。ある者は首を吊っている最中に発見され、119番通報されて、救助されて病院に運び込まれてしまった。結果、中途半端な時間帯に救出されたので、首から下が麻痺してしまった・・・なんていう悲惨な身体状態に陥る自殺未遂者もいるのだ。

     

    故に、首吊り自殺を試みようとする者達は全員、己の行いの結果、つまり首吊り自殺のリスクについて、ちゃんと勘案せねばならない。首吊りの後遺症というのは、致死率がとても高い自殺方法であるが故に、首吊りの失敗時には相当な痛み、苦しみが発生する。それは一時のものではない。その後、死ぬまでずっと、全生涯にわたりて続く不治の後遺症となるかもしれないのだ。

     

    だから、よく考えよ。首吊りのリスクと後遺症を。首吊りに失敗した時のこと、及び対応策を。まあ、そもそも、最初から首を括らなければいいだけの話だからな。

     

    いくら早く死にたいと思っても、首吊りのリスク及び首吊り自殺を失敗した時の後遺症のことを何も調べずに首を括れば、もしも失敗した時に、最悪の結果になろう。とにかく、リスクを色々と調べるべきだ。

     

    首吊り自殺した人
    首吊り自殺した人

     

     

    首吊り自殺を失敗するリスクとは?

     

    さて、首吊り自殺は確実性の高い自殺方法である。数ある自死による死に方の中で、劇薬注射による安楽死を除き、首吊りが最も短時間で死ねて、且つ手軽に死ねるのではなかろうか。

     

    首吊り自殺は、安楽死と言っても過言ではないかもしれない。が、実際はどうなのか分からない。実はとても苦しむのかもしれない。でも、致死率といい、実行に移す手間が少なくて済むことといい、やはり首吊り自殺は優秀な死ぬ手段であると言える。

     

    まあ、毎年の日本人の自殺者の内、実に六割強の自殺者が、この首吊り自殺で死亡しているのだから。

     

    首吊り自殺の最大の長所といえば、やはり自殺未遂率が極端に低いことだ。軟な素材を使用すれば、首を吊っている途中で紐やロープや縄が切断されたりすることもあるけど、それは事前にしっかりと対策を練ってから首を括れば、そもそも、そんな心配はせずに済む。紐を引っかける出っ張りの強度も事前に調査すればいいだけだ。調査方法としては、自分と同じ重さの重り(水でもよい)を入れた袋を、その場所に引っかけてみればいい。それで、強度が十分なのかが判明するであろう。

     

    そうすれば、いざ自分が首を吊った状態になった後に、ロープを引っかけた場所が崩壊して失敗することもあるまい。まあ、木の枝に輪にした縄を引っ掛けるつもりならば、ちゃんと木の枝が腐っていないか、強度は自分の体重を吊るに十分かを検証せねばならない。

     

     

    首吊り自殺が失敗する要因・原因とは?

     

    さて、首吊り自殺が失敗する要因の第一位は、やはり[首吊りの途中で誰かに発見されること]である。この首吊り失敗の最大原因を回避するには、やはり誰にも見つからない場所にて首を吊る必要がある。それはどこか?廃屋・廃工場、心霊屋敷、廃トンネル、廃村、そういった誰も来ないような場所にて首を括るのがベストなのかもしれない。

     

    但し、いくら首吊り自殺が失敗せずに完遂できた、といっても、その後、誰にも数か月、時には数年間も発見されないとなると、それは逆に大変だ。遺族も、まだ生きていると勘違いして探し続けるし、心配し続けるだろう。また、警察にも捜索願が出て、警察の方でも大迷惑である。故に、誰も来ないような僻地で首吊りをするとしても、その後の連絡は、誰かにしてもらわねばならない。そうしなければ、いつまで経っても、自分の首吊り自殺死体は未発見のままだから。

     

    そして、首吊り自殺が失敗する原因の第二位は、やはり素材の強度の問題だ。首吊りは、あまりにも手軽に行える自殺方法であるが故に、素材の選定を疎かにする傾向がある。以前、太った逃亡犯が、首吊りで死のうとして、林の中の木の枝にネクタイを括りつけて輪にして、その中に首を通して死のうとした。しかし、あまりにも己の体重が重かったせいで木の枝が折れてしまい、落下してしまった。当然、首吊り死は失敗となった。まあ、その犯罪者はその後に逮捕されて、今は元気に刑務所の中だと思うのですが・・・。

     

    また、別の太った人は、自分自身の体重が100kgを軽く超える程の巨漢なのに、自宅のカーテンレールに紐を引っかけて輪にして、首を括ろうとした。カーテンレールなど、単なる布であるカーテンの重量を吊るすことしか想定していない。故に、そんな体重100kg超の巨漢を吊るすことなど想定して作られてはいないのだ。当然、カーテンレールはぶっ壊れて落下し、その自殺志願者自身も首吊りは失敗した。しかし、その人は、今では元気に過ごしているらしい。よかったね、素材の強度が弱くて。

     

    このように、自殺志願者というのは、遠い未来まで見通して首吊りをするのではなく、その場の雰囲気とかマイナスの心理的な要因のみで簡単に死んでしまうものだ。三年後にはハッピーな気分になっていたかもしれないのにね。まあ、自殺行為自体、そういうものか。

     

    まあ、しかし、首吊り自殺自体が、失敗する可能性の極端に低い優秀な自殺方法であることには変わりはない。確実に綿密に計画した首吊りは、余程の邪魔が入らない限りは、ほぼ100%の確率で成功する。服毒自殺しても死に切れず、腹を刃物で切っても死に切れず、高所から落下したが死に切れず、落下先の森の中の木にて、首吊りをしたらようやく死ねた、といった悲惨なケースも過去にはあったという。

     

    つまり、それだけ首吊り死の致死率は極めて高いということだ。

     

     

    失敗しない首吊り自殺の道具の選定方法

     

    さて、それでは、肝心の首吊り自殺に用いる道具類の選定について述べていきたい。要は、首を締め上げられる紐状のものがあればいいのだ。故に、なにも手元に頑丈そうなロープ・縄・紐が無くとも、電気コードやベルト、スカーフ、ネクタイ、犬のリード、スマホの充電コード、その他にも、ある程度の強度を有する[首の周囲をグルリと回せるだけの長さと柔軟性のある物体]があれば、首吊りは簡単に出来る。鎖でもOKなのだが、流石に鉄類は、首の周囲の肉に食い込んで痛いだろう。わざわざ痛む死に方をせんでもよかろう。死ぬ時位は、苦しまずに逝きたいと思うのが人情であろうから。

     

    まあ、その他には、ビニール紐でもOKかもしれない。しかし、人間の全体重、或いは上半身のみを支えるとなると、心許ないな。やはり、首吊り紐類の道具の選定はケチらずに、しっかりした強度を有する素材を用意すべし。

     

    また、針金だとやはり痛む。首が切断されてしまう。首の中には、太い骨以外は、血管なり軟らかい肉なり皮膚しかないからな。又、車の牽引用のワイヤーでも首を括れないこともないが、やはり本来は車を引っ張る為の道具であるから、止めた方がよい。首に必要以上の圧力が掛けられて、首吊り死体ではなく、首が切断された死体となって発見されてしまうだろうから。

     

    要は、首吊りを失敗しない為には、道具はケチるな、ということ。近所のホームセンターにて、金は千円もあれば、それなりの長さの、十分な強度の虎ロープ等が購入出来るであろう。

     

     

    座ったまま首を吊る?座った状態の首吊り自殺=非定型縊死とは?

     

    首吊り自殺と言えば、真っ先の思い浮かぶ光景というのは、天井の近くの高さから垂れ下がったロープの輪に、首を括って、ダラ~ンと垂直に身体全体が垂れ下がっている光景であろう。しかし、そういう首吊り自殺の方法はもう時代遅れかもしれない。最先端の、近年流行の首吊り方法とは、ドアノブに紐を引っかけて首を吊るタイプの首吊りなのだから。

     

    まあ、首吊りを定義すれば、身体が宙に完全に浮いた状態の首吊り死体のことを[定型縊死死体]と呼び、身体の一部又は大部分が地面(床)に付いた状態で首を括る様子を[非定型縊死死体]と呼ぶ。厳密には、そういう区分けがあるのだ。まあ、自動車で言えば、前輪駆動、後輪駆動、4WDのようなものだと思えばよい。

     

    それで、なぜ座ったまま首を吊ることが可能なのか?と言えば、そもそも、首を絞めるのに、全体重を掛ける必要など微塵も無いからだ。木刀で叩けば壊れる石を破壊するのに、わざわざ戦車の大砲を使う必要はないのだ。ということで、近年、この首吊りの仕組みがインターネットで広まり、急速にこの非定型縊死方法が流行しているという訳だ。

     

    そもそも、自分の体を完全に宙に浮かせることが可能な場所など、公園内のジャングルジムとかしか思い浮かばない。しかし、公園ならば、昼夜問わず、誰かが侵入してきてしまうかもしれない。昼間は子供連れの主婦などがウヨウヨしているし、夜中でも、ホームレスやカップルが近くに来てしまうかもしれない。おちおち首も吊っていられない、という訳だ。

     

    という訳で、この非定型縊死が人気な訳だ。これならば、自宅内でも、自室のドアノブに紐を引っかけて、上半身のみの圧力だけで首吊り自殺を完遂することが出来る。何も自宅内でなくとも、拘置所、刑務所、病院のベッド、精神病院内のどこか、オフィス、工場、まあ、どこででも首を括ることが出来るのだ。

     

     

    [首を絞める場合]と[首を吊る場合]の差異について

     

    首を絞め上げた結果というのは、気道を塞がれるということであり、その結果、窒息死に至り、死ぬことになる。しかし、首を吊った場合、これは脳へ流入する血液が遮断され、脳内が酸欠状態に陥った為に死亡するということ。脳へ血を送り届ける動脈は二種類あり、一つは頸動脈であり、もう一つは脊椎の脇を通る椎骨動脈である。

     

    首を締め上げた結果、頸動脈は封鎖されても、椎骨動脈は塞がれない。なぜなら、椎骨動脈は骨に頑丈に守られているが故に、締め上げた程度では椎骨動脈までは塞げないからだ。

     

    しかし、首吊りの場合には、首が斜めから引っ張り上げられるような体勢になる故、頸動脈も椎骨動脈も共に塞がれることになる。その結果、ほぼ瞬間的に脳内への血液の流れが停止するのだ。

     

     

    首を締め上げた場合の死体と、首を吊った場合の死体の差異

     

    さて、では、それぞれの死体の状況を説明して、その違いを述べていきたい。つまりは、首を絞め上げた死体の大部分というのは、椎骨動脈からの血液流入は続くのだが、脳から血液を送り返す為の頸静脈が封鎖されているので、顔面が紫色に変色するという。それは鬱血した結果なのだ。しかし、首吊り自殺死体の場合は、顔面の変色は見られない。つまり、鬱血はしないということだ。

     

    それ故、首吊り死体をインターネットで見てみても、顔面が紫色に変色している首吊り遺体は一つもない。理由は、上記の通りだ。

     

     

    首絞めは苦しいらしい

     

    さて、首吊りについては詳述してきたつもりだが、ここでは、首絞めについて追記したい。

     

    まず、首吊り自殺の優れている点は、斜め上から首を引っ張るような姿勢で椎骨動脈が絞め上げられるからだ。その反対に、手で首の喉仏の上辺りを締め上げる場合には、椎骨動脈は封鎖されない。よって、脳に依然として血流が流れ込む状態のままである。よって、瞬時に意識喪失させることは不可能なのだ。

     

    要約すれば、首吊りは即、意識を喪失するが、首絞めの場合には、中々失神せずに、長時間苦しみ続ける羽目になる、という訳だ。つまり、首絞めの場合、気道が塞がれて窒息死することが死因なのだ。その過程では、失神するまで明白な意識を所持し続ける。勿論、その間、痙攣を味わい、かなりの苦痛を全身に感じ続けるという。

     

    当然、首絞めは本当に苦しい。誰が好き好んで、大変に苦しむ死に方で死にたいと思うだろうか?そんなバカな人はいないであろう。だが、世の中には、首吊りの僅かな手間を惜しんで、自らの手で首絞めをして死んだ人もいるらしい。

     

    そんなことが可能なのか?と思われるかもしれないが、口や鼻に粘着テープをグルグル巻きにして窒息死したり、口や鼻にティッシュを隙間なく詰め込み窒息死した人、また、トイレットペーパーを大量に体内に飲み込んで気道閉塞で窒息死に至った人もいたらしい。いずれのケースも、男や女の両方が死んでいるという。女性は窒息死なんて恐怖心からやらないと思われがちだが、女性でも、切羽詰まると、このような苦しみ100%の自殺方法にチャレンジしてしまうのだ。

     

     

    絶対に失敗しない首吊り自殺方法=首吊りする時の高さが重要!

     

    さて、では、肝心の、[首吊り自殺する為の高さ]について説明していこう。いくら定型縊死と言えども、又は非定型縊死と言えども、やはり床や地面よりも高い位置に紐や輪を通さねばならないことは明白な事実だからだ。

     

    では、一般論の話に移る。一般的に、大人の男性ならば、頸動脈は3.6kgの圧力で、椎骨動脈は16.5kgの圧力で塞がれる。ちなみに、膝が曲がっている状態、足が地面に着いている状態程度の姿勢ならば、全体重の七割の重さが首にかかることになる。また、膝が直接床に着いている状態であっても、体重の二割程度の重量が首にのしかかっているという。

     

    例として、体重が70kgの人が膝をついた状態の、所謂非定型縊死にて首吊り自殺を敢行した場合、首にかかる力は13kg以上となり、頸動脈は全て遮断される。椎骨動脈は完全には封鎖されてはいないものの、極僅かしか脳に血液は流れていないことになる。但し、あくまでもごく微量の血液しか脳内に流入していないので、直ぐに死に至るであろう。要は、首を絞めるということは、横の力でしかない。布を使って人の首を絞め上げて殺す場合でも、布を横に腕力で引っ張る力しか首には発生していない。しかし、首吊りの場合には、重力という力が、貧弱な首一点に集中してかかるが故に、その破壊力は絶大なのだ。

     

    故に、首吊りは、自殺未遂が極めて少数例しかないのだ。要は、首にかかる圧力は全体重の17%程度のみであっても、首の角度さえきちんと計算されておれば、非定型縊死のような中途半端な姿勢であっても自死は完遂出来るのだ。

     

    事実、警察が発見した首吊り自殺死体としては、尻や背中や腰や腹部が床にピッタリと密着していた首吊り死体も多数あったという。まあ、究極的には、首さえ絞まればOKなので、首を吊る高さは50cm未満であっても死に切れる場合もあるとのこと。それ故、近年では、ドアノブにて首を括る手法が流行の兆しを見せている。これならば、自宅内であっても、ドアに設置してあるドアノブの高さであれば、十二分に死に切れるというものだ。また、自宅の階段の縁にロープを結んで首を吊り死ぬという方法もある。

     

    つまり、首を括って死ぬことにおいて、高さはそれほど重要な要素ではない、ということだ。

     

    しかし、失敗しない為に首吊りする高さばかりに気を取られて、首吊りする場所の選定を疎かにしてはならない。例えば、公園の樹木ならば、都内であっても、場所という観点からのみ判断すれば、首吊りに適した場所だと断言できる。しかし、都内など、1200万人も人が密集している土地故に、ひっきりなしに誰かがその場を訪れる筈だ。それでは、高確率で首を吊っている最中に発見されてしまうであろう。たとえ深夜であっても、早朝であってもだ。

     

    故に、東京都内の公園内では、首を吊る場所としては適切であっても、人に発見されない場所という観点からでは、不適切である。

     

    また、場所の選定が面倒だからと、通学路や通勤路の端で首を吊ってやろう、なんていう魂胆も、あまりにも怠け者すぎる。絶対に、その首吊り自殺は失敗に終わるであろう。

     

    誰かに発見されて中止させられる]これこそが、最大の首吊り自殺のリスクと言える。

     

    首を吊った後に、死体となって警察の遺体安置所に置かれるか、又は、緊急治療室(ICU)に運び込まれて何日間も昏睡状態の後、ようやく目覚め、莫大な医療費を請求されるか、どちらになるかは、首を吊る前の準備段階に岐路があると言っても過言ではない。

     

     

    首吊りは一瞬で意識喪失に至る、苦痛のない自殺方法

     

    さて、では肝心の、首を吊っている最中の自分自身のことについて、ここでは詳細に解説していきたい。非定型縊死にしろ、定型縊死にしろ、どちらでも言えることだが、ドアノブから垂れているロープの輪に自分の首を突っ込んだ後のこと、或いは、踏み台を蹴飛ばして縄で完全に首を括った状態になった後のこと、その時、あなたの意識は一体どうなっているのだろうか?

     

    最新の医学的な見解によれば、首吊り後、即、意識が遠のくとのこと。更には手足をジタバタさせるイメージがあるのだが、これも出来ないとのこと。要は、全く苦痛なく死ねるらしい。但し、これはあくまでも、実際に死んだ人の意識を調査した訳ではなく、推測の域に過ぎないであろう。なぜなら、一度死んだ人が再び生き返って、自分が首を吊っている時に感じた苦しみについて述べた訳ではないからだ。しばしば、こういった認識は誤りであることが多い。医学の進歩とは、過去に真実とされていた既成事実の過ちを指摘することでもあるから。

     

    とにかく、首吊りしてから十数分間も苦しみもがきながら死ぬというのは、過去のイメージに過ぎないらしい。勿論、首を吊ってから数分以内に死ねるという訳ではない。[死亡]するには、心臓の鼓動が完全に停止せねばならない。しかし、首吊り後はあくまでも意識喪失に至るのみで、心停止に即至る訳ではないのだ。故に、意識喪失=死という訳ではないので、勘違いしないように。

     

    とある首吊り自殺未遂者の話としては、踏み台から足を踏み外した後のことについて、[思考がボンヤリとして、何も分からなくなった。いつの間にか意識を失った。窒息の恐怖とか、苦しいとか、首が痛むといった感覚も感じなかった]と話している。

     

    首吊りは苦しいという説の一方、首吊り自殺は気持ちいいといった話も聞く。それは、柔道で首への絞め技をかけられた者が、落とされて意識を喪失する寸前に快感を感じたという話がある。また、首を絞めながらセックスをする趣味のあるカップルもいるという。また、アメリカのとある俳優は、東南アジアのホテルの部屋の中にあったクローゼットの中で、ネクタイ等の紐類を結び付けて、首を絞めながら一人でマスターベーションをしていたところ、そのまま逝ってしまったという。かなり恥ずかしい死に方なのだが、世の中には、そういった趣味の人はけっこういるらしい。

     

    また、日本の刑務所における死刑執行は、床板が瞬時に開いて、首に縄を結び付けた死刑囚が数メートルも勢いよく落下し、ガクンとロープが伸び切った時に首の関節が脱臼、或いは骨折し、瞬間的に死ぬという方法だ。この場合には、苦しみは一切ないと思われる。何しろ、例えるならば、バンジージャンプでゴム紐が伸び切った時に発生した力が全て首の骨にかかるのだから。いくら頑丈な骨といっても、たまったものではない。瞬間的に破壊されてしまうであろう。一瞬にして心停止に至るのだ。

     

    首吊り自殺といえば、あまりにも苦しい、苦悶の表情を浮かべつつ、まるで地獄の拷問を受けているかのような様子の中、死んでいく、とイメージしている自殺志願者が大半のようだが、それは事実とは異なる、ということだ。喉が締まって窒息死する前に、脳の方が酸欠状態に陥り意識喪失するので、苦痛はないとのこと。

     

    しかし、早く死にたいと思ってもいない、自殺志願者でもない人が、試しに首を吊ってみるというのはお勧めしない。なぜなら、世界中で、試しに首吊りをやってみて、本気で死ぬ気はなかったのに、そのまま死んでしまった、というケースは無数にあるからだ。

     

    勿論、日本国内であっても、XJAPANのギター担当だったHIDEさんは、自宅のドアノブで紐を用いて首吊りで死んだ。しかし、当人が本気で死ぬつもりがあったのかは不明である。もしかしたら、酒が入った勢いで、酔った勢いで遊び半分にて首を吊ってみたら、そのまま予想外にも早期に意識を失ってしまい、死亡したのかもしれない。勿論、本人が死んでしまった今となっては、真相は闇の中である。

     

    とにかく、首を縄で作った輪に入れて、少しの体重、ほんの少し上半身のみの体重を加重したのみで、首が予想外に絞まりまくる故、危険この上ないから、絶対に遊び半分では首を吊る行為などしないように。たとえ死なずとも、半身不随等の深刻な後遺症を患うことになるかもしれないから。

     

     

    首吊り自殺で死んでいく過程で表れる症状について

     

    さて、では、もっと具体的に、首を吊ってから死に至る過程について説明していきたい。

     

    最初に、首を吊った直後の状態ですが、頭が熱して、耳鳴りが発生する。目がチカチカと、まるで強度の眩暈に襲われたかのような感覚に陥る。次に脚部が重くなる。つま先の方に大きな鉛の玉でも吊るされているかのような重みを感じる。そして、少しずつ意識が遠のいていく。ここまで首吊り開始から60秒程度の出来事です。

     

    意識喪失後には、痙攣が全身に発生する。大抵の首吊り自殺者の場合、手足をバタバタさせるという。まるで泳ぎを垂直に吊られた状態でしているかの如き動きだという。しかし、直ぐに両手足は筋肉が引き攣り、ピクピクと痙攣が発生する。ここまで約90秒だという。また、男性の場合には、性的興奮が微塵も無いのに、勃起してしまうこともあるという。

     

    その後、更に症状が悪化していくと、仮死状態になる。小便や大便を漏らすし、精液も漏出する。また、目玉も飛び出すこともあるという。そして呼吸停止に至る。この状態まで約200秒らしい。しかし、呼吸が停止した後でも、まだ若干は心臓が鼓動し続けているとのこと。

     

    この段階にて誰かに発見してもらって救出されるか、或いは首を吊っている紐やロープや縄が引き千切れるかすれば、首吊りが失敗に終わる。よって、一命を取り留めるケースもあるという。勿論、助かるのは早ければ早い程良い。なぜなら、首吊り自殺の後遺症とは、時間の経過と共に重たくなっていくから。つまり、首を吊り出してから100秒後に救出された人の首吊りの後遺症と、首を吊り始めてから600秒後に救助された人の首吊り自殺の後遺症とでは、後者の方が遥かに重症化するということ。勿論、一生治らない障害になってしまうかもしれない。寝たきりになってしまうかもしれない。

     

    とにかく、まだ心臓が動いている段階で救助されれば、まだ助かる見込みはある。だが、首を吊り出してから約10分後位には、既に心臓の鼓動は停止している確率の方が高い。故に、そこの段階で急いで縄を切断して体を下ろしても、既にその体は首吊り死体となっている可能性の方が高い。

    ということは、裏を返せば、11分程度、誰にも未発見のまま首を吊ることが出来れば、首吊りで死ぬという想いは遂げられるということだ。まあ、このような都合の良さと手軽さ、金のかからなさ、致死率の高さ故に、首吊り自殺は日本人の自殺者の約六割を占めるまでになっているのだ。

     

     

    首吊り自殺の死体について

     

    さて、これまでに、首吊りに関する様々な知識を書き記してきた。しかし、あくまでも上記の内容は[首を括ってから死ぬまでの話]となっている。よって、ここからは[首を括って死んだ後の話]をするとしよう。

     

    首吊り自殺の欠点と言われているのが、遺体の死後の見た目が悪いということだ。目が飛び出したり、射精したり、脱糞していたりと、色々と恥ずかしい。しかも生前ならば、脱糞をしてしまったら、こそこそとトイレに駆け込み、トイレットペーパーでパンツを拭く等の清掃も出来る。が、死後だと、自力で自分の死体の清掃など出来ない。よって、なるべく綺麗な状態で死ねるようにしたいものだろう。

     

    よって、舌が飛び出してしまう現象が発生することもあるが、それは、口の中に予め布でも詰めて首を吊るしかない。まあ、射精してしまう現象については、事前にオナニーをして精子がもう無いようにしておけばよい。失禁及び脱糞に関しても、事前に水分補給は数時間せずに、あとは食事も数日間絶食すれば、多分、死後にも失禁も脱糞も防げるであろう。腸内や膀胱内に排泄物が何も存在しないようにしておけばいいだけだ。

     

    ただ、目玉が飛び出すと言っても、死後数日経過しないと目玉は飛び出さないらしい。よって、死後一日以内に発見されればOKということか。発見されてから葬式して火葬するまでの間は、警察の遺体安置所なり、葬儀業者が手配した霊安室なりに首吊り遺体が置かれることになろう。しかし、もう死んでいるのだから、寒い心配などしなくていい。氷点下の気温の中でも、Tシャツ一枚でOKなのです。それに、もう横にされているので、重力もかからないから、目玉も飛び出さないでしょう。

     

    また、顔も鬱血していない状態が殆どなので、硫化水素自殺死体のように紫色に変色する訳でもない。また、高所から飛び降りた死体や、電車に飛び込み自殺した人の死体のように、グチャグチャの肉片と化す訳でもない。故に、よくよく考えれば、首吊り死体とは、他の自殺方法による死体と比べて、けっこう綺麗な状態で死ねるという訳だ。

     

    とはいっても、数日間も放置しっ放しであれば、[腐乱]という別の問題が発生する。勿論、これは他のどの自殺の死に方を採用したとしても、直面する問題だ。冷凍庫の中で自殺をすれば、直ぐに冷凍保存されるので腐る心配はないが、流石にそこまで死後の死体の様子を気にする自殺志願者はいない。

     

    特に夏場に、密閉した室内で首を括れば、三日後には、蛆虫だらけだ。密室だと言っても、蠅は僅かな隙間や換気口から侵入するが故に、やはり蛆が湧く。勿論、自然の中で首を吊っても、富士の樹海の中であろうが、自然公園の中だろうが、或いは廃屋の中だろうが、構わずに蠅は大量に死の臭いに釣られてやってきて、卵を産み付ける。もう既に細胞が死滅した死肉と化しているその首吊り自殺者の死体は、瞬く間に蛆と蠅だらけになろう。

     

    とにかく、腐乱死体、腐った首吊り遺体というのは、臭いらしい。尋常ではない臭さらしい。当然、もう完全に腐乱した死体の清掃は、素人の遺族では手に負えないので、専門の特殊清掃業者に依頼するしかないであろう。その場合、ダスキンの清掃料金など比較にならない程の高額な費用を請求されることになる。

     

    まあ、口にはマスクをして死んだ方がよいかもしれない。口の中から蠅が体内に侵入するだろうから。まあ、でも、皮膚からどんどん蛆が体内に侵入するから、無駄か。

     

    だから、最初から首吊り自殺などしない方がよいのだ。ただ、それだけ。生きろ。

     

     

     

    早く死にたい人へのサイト内のリンク集

     

    早く死にたい人へ、死後の世界、霊界、あの世とは?

    早く死にたいと思うことは、異常ではないと思う。

    早く死にたい人が、富士の樹海(青木ヶ原樹海)で早く死ぬ方法・早く自殺する方法

    首吊り自殺未遂の後遺症=首吊り自殺が失敗した時のリスク(早く死にたい人へ)

    突然死で早く死にたい時の、感電で突然死する方法

    トリカブトで早く死にたい時の、トリカブトで早く死ねる方法・自殺方法

    食塩中毒で早く死にたい時の、塩を食べて早く死ぬ方法・食塩の大量摂取にて早く死ねる方法

    農薬や除草剤を飲んで早く死にたい時の、除草剤を飲んで早く死ねる方法、農薬を飲んで早く死ぬ方法

    化粧品で早く死にたい時の、マニキュア除去剤や染毛剤で早く死ぬ方法、パーマネント液や口紅で早く死ねる方法

    錆取り剤や消毒剤で早く死にたい時の、ヨードチンキやクレゾール石鹸液で早く死ねる方法、サンポールで早く死ぬ方法

    ガソリンや灯油やシンナーで早く死にたい時の、軽油や灯油やシンナーで早く死ねる方法・ガソリン・ベンジンで早く死ぬ方法

    殺虫剤・防虫剤で早く死にたい時の、殺虫剤・防虫剤で早く死ねる方法・早く死ぬ方法

    タバコで早く死にたい時の、タバコで早く死ねる方法・タバコで早く死ぬ方法

    医薬品以外で早く死にたい時に、医薬品以外で早く死ぬ方法・早く死ねる方法

    ドラッグ(麻薬)で早く死にたい時の、麻薬(ドラッグ)で早く死ぬ方法・麻薬で早く死ねる方法

    クスリで早く死にたい時の、クスリで早く死ぬ方法・クスリで早く死ねる方法

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    早く死にたいと思っても、自殺してはならない霊的な理由

    早く死にたいと思っても、死んではならない理由[クリック]

    [早く死にたい]は自殺推奨サイトではない。自殺志願者を救う為に、あえて[自殺志願者が検索しそうなキーワードを中心として作った文章]にて網を張り、訪問してきた自殺志願者をリンク先の自殺防止サイトへ導くことが目的である。故に、[早く死にたい]の本来の目的は、あなたを自殺へと導くことではない。あなたの命を救うことにある!故に、自殺志願者であろうあなたは、即刻、以下のリンク先の内容を読んでくれ。

    早く死にたいと思い、自殺で死んでから、自殺霊となり、その時に[自殺の真実]に気付いても、もう遅い!自殺で死んだ後は、既に自分の肉体は生命維持が不可能になっているから、自分の肉体には二度と戻れないぞ!だから、自殺で死ぬ前に[自殺の真実]に気付いてくれ!とりあえず、以下のリンクをクリックして、自殺に関する霊的な知識を習得してください↓

    以下は、霊的な観点から[自殺]を説明した知識へのリンク集です。

    ★Click [あなたが自殺して直面する真実]まとめ
    自殺について
    自殺の問題
    自殺についての二つの投書
    自殺の結果
    愛する者を失い自殺
    迷信の偏見
    軽率な行為
    苦しみの短縮
    恐ろしい激情
    他人の為の犠牲行為
    早く楽になる為の自殺
    恥辱を避ける自殺
    不法行為の自殺
    絶望の挙句の自殺
    自殺に追い込んだ者の責任
    自殺に逃げ道を求める者
    厭世自殺
    自殺と自由意志
    自分の命を絶つ権利
    生の倦怠
    自殺に関する文章

    ★Click [実際に自殺してしまった人の話]まとめ
    前世の罪の記憶で自殺
    破産が原因で自殺した老人
    自殺した高学歴の無神論者
    婚約者の不実に激して自殺
    情死(心中)した二人
    息子の後追い自殺した母
    身投げ自殺した男
    息子の為に自殺した父
    公衆浴場で自殺した男
    自殺した映画女優の警告
    死に気付かぬ自殺霊
    薬物自殺した女の霊
    恋人と心中自殺した霊
    首吊り自殺した女の霊
    自殺した美女
    自刃して果てた侍

    死にたい自殺サイト自殺方法自殺ダメ

    あなたは、自分の人生が悲惨だから早く死にたいと思っているのであろう。しかし、拙者の人生の方がもっと悲惨かもしれないぞ。だから、サイト管理人である私の人生を読んで、自殺するのは止めろ!

    齋藤健一について