• 早く死にたい人は[自殺ダメ]で検索!
    早く死にたいと思っても、自殺してはならない霊的な理由

    早く死にたいと思っても、死んではならない理由[クリック]

    [早く死にたい]は自殺推奨サイトではない。自殺志願者を救う為に、あえて[自殺志願者が検索しそうなキーワードを中心として作った文章]にて網を張り、訪問してきた自殺志願者をリンク先の自殺防止サイトへ導くことが目的である。故に、[早く死にたい]の本来の目的は、あなたを自殺へと導くことではない。あなたの命を救うことにある!故に、自殺志願者であろうあなたは、即刻、以下のリンク先の内容を読んでくれ。

    早く死にたいと思い、自殺で死んでから、自殺霊となり、その時に[自殺の真実]に気付いても、もう遅い!自殺で死んだ後は、既に自分の肉体は生命維持が不可能になっているから、自分の肉体には二度と戻れないぞ!だから、自殺で死ぬ前に[自殺の真実]に気付いてくれ!とりあえず、以下のリンクをクリックして、自殺に関する霊的な知識を習得してください↓

    以下は、霊的な観点から[自殺]を説明した知識へのリンク集です。

    ★Click [あなたが自殺して直面する真実]まとめ
    自殺について
    自殺の問題
    自殺についての二つの投書
    自殺の結果
    愛する者を失い自殺
    迷信の偏見
    軽率な行為
    苦しみの短縮
    恐ろしい激情
    他人の為の犠牲行為
    早く楽になる為の自殺
    恥辱を避ける自殺
    不法行為の自殺
    絶望の挙句の自殺
    自殺に追い込んだ者の責任
    自殺に逃げ道を求める者
    厭世自殺
    自殺と自由意志
    自分の命を絶つ権利
    生の倦怠
    自殺に関する文章

    ★Click [実際に自殺してしまった人の話]まとめ
    前世の罪の記憶で自殺
    破産が原因で自殺した老人
    自殺した高学歴の無神論者
    婚約者の不実に激して自殺
    情死(心中)した二人
    息子の後追い自殺した母
    身投げ自殺した男
    息子の為に自殺した父
    公衆浴場で自殺した男
    自殺した映画女優の警告
    死に気付かぬ自殺霊
    薬物自殺した女の霊
    恋人と心中自殺した霊
    首吊り自殺した女の霊
    自殺した美女
    自刃して果てた侍

    死にたい自殺サイト自殺方法自殺ダメ

    あなたは、自分の人生が悲惨だから早く死にたいと思っているのであろう。しかし、拙者の人生の方がもっと悲惨かもしれないぞ。だから、サイト管理人である私の人生を読んで、自殺するのは止めろ!

    齋藤健一について


    富士の樹海(青木ヶ原樹海)で早く死にたい
    富士の樹海(青木ヶ原樹海)で早く死にたい

     

    一刻も早く死にたい人が、富士の樹海(青木ヶ原樹海)の中で早く死ぬには?

     

    さて、世間での暮らしに疲れ果て、もう生きていたくないと、あなたが思ったとする。もう、フラッとどこかにさ迷いこんで、果ては死んでしまいたいと思うまでに至ったとする。さすれば、真っ先に思い浮かぶ日本国内の場所といえば、富士の樹海、つまり青木ヶ原樹海しかないであろう。

     

    青木ヶ原樹海ほど、自殺死体が発見され辛く、且つ、侵入し易い奥深い森というのも、他にはないからだ。行方不明になった後に、ひっそりと腐乱死体となり、野生動物があなたの死肉を食べて、微生物が残りを分解し、やがて骨だけになってしまう・・・。そんな人生の最期を迎える人が、後を絶たないという。

     

     

    青木ヶ原樹海 地図
    青木ヶ原樹海 地図

     

     

    富士の樹海(青木ヶ原樹海)での自殺の歴史

     

    さて、毎年の富士の樹海での自殺者数は、[毎年26名前後]らしい。警察の発表で、その程度だとのこと。しかし、データがかなり古いので、最近のことは知らない。とにかく、富士山が見える美しい景観の場所なのだが、一度素人が入り込むと、迷って出られなくなる可能性が非常に高く、孤独に自殺する場所としては最適であるから、行方不明狙いの自殺の名所として全国的に名を馳せる結果となった。

     

    やはり、最初は自殺場所としては大した場所ではなかったのだろう。しかし、徐々に新聞等で青木ヶ原樹海内での自殺者のことが報道されるようになると、やがてその場所が自殺に最適な固定的な場所として、人々の観念になっていく。実は青木ヶ原樹海も、暫く歩けば遊歩道に出る確率がけっこうあるらしい。故に、そんな、何十キロも歩いても一向にグルグル同じ個所を回り歩くのみで、出口が全くない、ということもないらしい。普通に一定方向に歩いておれば、この狭い日本の国土に大勢住んでいるのだから、どこかしら、人工的に作られた道路なり施設なりに辿り着くものと思われる。自衛隊の基地もあるようだし。

     

    ただ、自殺を念頭に意図的に侵入する者にとっては、脱出して救出されることが目的で樹海に来た訳ではない。故に、道端から樹海の中へ100mも入り込んで、人気が完全に無くなった時点で、さっさと首を吊ったり、テントの中で練炭を焚くなりして、自殺するらしい。

     

     

    青木ヶ原樹海(富士の樹海)の中に設置してある自殺防止の看板
    青木ヶ原樹海(富士の樹海)の中に設置してある自殺防止の看板

     

     

    青木ヶ原樹海(富士の樹海)の入り方

     

    さて、富士の樹海とは、方向感覚を狂わす魔の土地なので、基本的には、侵入した後、サバイバルの玄人でもない限りは、直ぐにどちらに進めば脱出できるのか、分からなくなる。

     

    では、具体的に、どこから富士の樹海に入り込むのが最適なのか?勿論、自殺の名所であるが故に、あまりにも死にそうな顔や雰囲気でもって、軽装で侵入していくと、[あの人はもしかしたら自殺志願者なのかもしれない]と思われて、誰かに呼び止められるかもしれない。

     

    さて、では、最も一般的であり、簡単に侵入可能なのが、風穴付近から入り込むルートである。富士急行バスの風穴停留所で下車し、直ぐ側にある国道139号線の南に風穴入り口の道がある。その道を進めば、風穴の切符販売所がある。だが、その風穴には入らずに、入場券売り場の手前にて道が二手に分かれているので、左の[青木ヶ原自然歩道]に歩いて行こう。

     

     

    富士の樹海の風穴
    富士の樹海の風穴

     

     

    青木ヶ原樹海(富士の樹海)の富岳風穴
    青木ヶ原樹海(富士の樹海)の富岳風穴

     

     

    数百メートル歩いて行けば、また岐路がある。左側の[氷穴・紅葉台]の看板がある道を進む。その後、更に数百メートル進めば、道標があり、左側に[紅葉台・氷穴]、右側に[山道]と書かれている。この段階では、まだ方位磁石も効く。しかし、尚も山道(富岳林道)に入る。

     

     

    青木ヶ原樹海の遊歩道の岐路(東海自然歩道)
    青木ヶ原樹海の遊歩道の岐路(東海自然歩道)

     

     

    山道はごく普通の山道である。ある程度の体力がある自殺志願者ならば、余裕で進めるであろう。そんなに傾斜はないらしい。但し、周囲の森林の光景が、眩い太陽の光が射し込む明るい雰囲気ではなく、ホラービデオのような、陰鬱な雰囲気の森なのだ。故に、ここら辺より、徐々に、方向感覚や、どの程度の距離を進んだのかの距離感が今一分からなくなってくる。

     

    この山道は大体、南側へと進んでいる。十数分も歩けば、道というよりも、獣道のような感じになってくる。辺りの木々も、なんか、日本の一般的な森林というよりも、おどろおどろしい、まるで墓はないが墓場のような雰囲気になってくる。そこら辺まで来たら、もう左右どちらでもいいので、フラッと侵入すれば、後はもう、脱出する気が無ければ、そのまま樹海の中で死亡することが可能だ。

     

     

    富士の樹海の森の中の様子
    富士の樹海の森の中の様子

     

     

     

    でも、いくら早く死にたいと思っても、やはり樹海の道に設置してある[たった一つの命を大切に]とか、[命は両親から頂いた大切なもの!もう一度静かに両親や兄弟、子供のことを考えてみましょう]と書かれた看板を見て、思い直すかもしれない。それならば、いっそのこと思い直して、元来た道を引き返せばよい。それで、生き直せばよい。

     

    人生、意外と、どうにかなるものだから。

     

     

    青木ヶ原樹海に設置してある自殺抑止の看板
    青木ヶ原樹海に設置してある自殺抑止の看板

     

     

    富士の樹海に設置してある借金解決の看板
    富士の樹海に設置してある借金解決の看板

     

     

     

    富士の樹海(青木ヶ原樹海)の内部で、絶対に自分の死体が発見されない場所とは?

     

    さて、では、富士の樹海の中にて、ほぼ確実に死体を発見されない方法というのはあるのだろうか?実はあるらしい。それを紹介していく。

     

    その方法は二つある。一つは、富士急行バス[紅葉台入り口]で降車する方法である。バスを降りると、直ぐ近くに消防署と旅館がある。その場所に舗装された道路があるから、そこを900m程進む。すると、周囲の様子が少しずつ鬱蒼とした森林地帯に変わっていく。更に900m程進めば、もう完全に原生林となり、人工的な物体は、ほぼ無い。そこら辺に来たら、左側にひょいと、周囲に人がいないことを確認して、入り込む。その後は、ただひたすら奥へ奥へと進んでいく。

     

    そうすれば、地元の人も滅多に来ないし、他の自殺志願者も来訪しないであろう場所に行きつく。そこら辺まで来たら、周囲の木々の中から、頑丈そうな枝を見つけて、持参したロープで首吊り自殺をして果てれば、長ければ数年間は未発見のままであろう。但し、もしも、やはり生き直したいと思えば、スマートフォンで地図アプリを出して、脱出出来るかもしれない。まあ、私は実践したことはないので、その場所付近でスマホアプリが使用可能なのかは不明ですが・・・。

     

    もう一つの自殺方法としては、富士急行バス[赤池]で降車し、舗装された精進湖登山道を進む。数キロ歩いた時点で、右側に入り込む方法。ここら辺も、地元の人も観光客も滅多に来ない閑散とした場所故、自分の自殺死体が長期間未発見のまま放置され続けることが期待できる。ただ、本当にそれでいいのか?と問いたい。死んで間もない時点で誰かに発見してもらった方が、葬式のこととか、心配している遺族のこととか、スッキリと解消すると思うのだが・・・。まあ、一番良いのは、そもそも自殺しなければいいだけだ。

     

    まあ、二つの方法共に、かなりの距離を歩くことになる。風穴から単純に密林の中へ入れば、そちらのルートは有名な自殺ルート故、頻繁に巡回されており、発見される確率も高い。しかし、今回紹介したルートは、観光客も滅多に来ないし、地元の人も年に数回程度しか来ないような場所のようなので、一度その道に入り込んでしまえば、もう一人ぼっちで、寂しい森林の中の道を進むのみだ。但し、そこの道に入り込むまでには、頻繁に人の目に触れることになるだろう。故に、やはり軽装で、いかにも人生に疲れ果てて、これから死にます・・・という雰囲気を醸し出していると、もしかしたら、警察に通報されてしまうかもしれない。又は、その場で呼び止められてしまうかもしれないから注意せよ。

     

    富士の樹海、青木ヶ原樹海の原生林というのは、独特の雰囲気の密林地帯だ。東南アジアの密林とは違うのだが、妖怪が出てきそうな、そんな陰鬱な雰囲気なのだ。屋久島の原生林は明るい雰囲気だが、富士の樹海は暗い雰囲気の原生林なのだ。コケだらけであるが、屋久島のように水が沢山湧き出るイメージはない。勿論、富士の湧水はあるのだが、青木ヶ原樹海の中には、泉などは一切ないイメージだ。

     

    そんな雰囲気の森なので、一度足を踏み入れれば、真っ直ぐ進むことは困難なのだ。複雑に太い木の根が地表に露出した状態で絡み合っているし、杉やヒノキのような針葉樹の木の森ではないので、クネクネと広葉樹の枝や葉が生い茂っており、太陽の光もあまり射し込まない。

     

    そんな状況なので、進路が直ぐに分からなくなる。勿論、現代の最新技術ならば、スマートフォンとかガラケーとかガラホとかでGPSも使用可能だし、方位磁石アプリも使える機種もあるだろう。また、腕時計であっても、プロトレックとかのアウトドアに役立つ機能が満載の時計であれば、それも役立つだろう。

     

    だが、そもそも、自殺志願者は死ぬ為に富士の樹海に侵入しに行くので、そういう救命道具類は持参していかないであろう。勿論、食事とか、夜に暖を取るコンロとか、テントとかも何も持っていかないであろう。となると、50年前と条件は同等となり、等しく死ぬ確率は高くなる。どうせ方位磁石もないだろうから。まあ、方位磁石があったとしても、狂うらしいけどね。

     

    でも、密林に入ってから、どうしても生きたい!と思い直したならば、まだ体力がある内に、ひたすら一方向に進むことだ。下手に右や左に行くと、グルグルと同じ地域を周回しているだけになってしまうかもしれない。ただひたすら一方向に進めば、どこかしらの遊歩道とか舗装路に出られるかもしれない。出られないかもしれないけど。でも、原生林の中には、当然のことながら道はないし、起伏の激しい地形だし、木の根が露出しており、大変に進み辛い。故に、普通の森を進むよりかは遥かに疲れるだろう。だけど、生きる事を諦めないでください。

     

    でも、そもそも、初めから早く死のうとしないでください。やはりね、人間、どんな形で死ぬのか分からないが、寿命を待つしかないのだよ。

     

     

    青木ヶ原樹海(富士の樹海)の中で死ぬには、どんな自殺方法がよいか?

     

    それはやはり、確実に死ねる自殺方法である首吊り自殺一択ではなかろうか?なぜなら、飛び降り自殺は、そもそも平地だらけなので、飛び降りるのに最適な崖など一切ないし、橋もない。又、入水自殺も、そもそも水場がない。富士の湧水で有名な忍野八海には観光客が大勢いるので、到底、そこで入水自殺を遂げることなど無理です。

     

    また、飛び込み自殺も、そもそも、電車も自動車も存在しないので無理です。あとは練炭自殺は、確かに樹海の中にてテントを張り、その中で七輪と練炭と火種があれば、実行可能だと思いますが、わざわざそれらの道具を大きなリュックサックの中に入れて運び入れるのは、相当に骨が折れる。そこまでする気力とやる気のある自殺志願者は一人もいないでありましょう。

     

    服毒自殺も、わざわざ青木ヶ原の樹海の中で毒薬とか農薬を飲まずとも、自宅で飲めばいいじゃん、という結論に達します。故に、首吊り自殺しかないでありましょう。都会の中では、案外、アパートやマンションでも、また屋外でも、人気がありまくります。故に、自然の中でも、特に人が入ってくる心配を極力せずに済む、この青木ヶ原樹海の中で首を括るというのは、合理的な判断なのかもしれない。

     

    また、首吊り自殺ならば、持参する道具も紐やロープや縄一本で済む。但し、けっこう高い木の枝しかない場所ならば、かなりの長さが必要となるが故に、ホームセンターで買い求める時には、余分に長い寸法で切り売りしてもらいましょう。

     

    しかし、もしもうっかりとロープ類の持参を忘れてしまったのならば、もしかしたら樹海の中に植物のツルがあるかもしれないので、それを利用する手もある。但し、あくまでも軽量の人のみに適用可能な自殺方法である。自身の体重が100キロの人などは、途中で自然にツルが重みに耐えきれずに切断されてしまうかもしれないので、その場合には、樹海の中での首吊りは失敗となる。

     

    首吊り自殺が失敗したならば、街中ならば救急車を呼べば直ぐに救急隊員が駆けつけてくれるが、樹海の中は住所もないし、救急車も入って来られない。故に、そのまま死を待つしかないのかもしれない。

     

    とにかく、青木ヶ原樹海の中で首吊り自殺を失敗したならば、悲惨極まりないことになる。但し、富士の樹海の中で首吊り自殺を成功させたとしても、自殺霊となってしまい、延々と青木ヶ原樹海の中をさ迷うことになってしまう。どちらにせよ、自殺行為は最悪だ。

     

     

    富士の樹海(青木ヶ原樹海)の中で発見された首吊り自殺者の腐乱死体
    富士の樹海(青木ヶ原樹海)の廃小屋の中で発見された首吊り自殺者の腐乱死体

     

     

     

    富士の樹海(青木ヶ原樹海)で行われる自殺者の捜索活動とは?

     

    毎年の10月頃に、富士の地元の消防団や警察が、青木ヶ原樹海(富士の樹海)の中を大捜索するとのこと。しかし、それはあくまでも樹海全体の中のほんの一部分だけである。故に、普段捜索活動の手が入らない地域にて首吊り自殺などしようものならば、10年以上も未発見のまんま、ということもありえる。国道の近くの地域で自殺をすれば、比較的発見してもらい易いらしい。

     

    但し、大捜索といっても、毎年、発見される死体はごく僅かだ。年に平均数体程度なのだ。近年では、飛び降り自殺の名所の東尋坊でさえも、見張りの巡回の人とかが頑張っているお陰か知らないが、自殺者は年々減少傾向になっているという。故に、富士の樹海で死ぬことも、年々少なくなっているのであろう。

     

    もしもあなたが家に置いた遺書に中に[これから富士の樹海にて死にます。捜索しないでください]という文章を書いておいたとしても、家族はそのまま見過ごすことはないだろう。あなたの為に捜索隊を派遣して欲しいと警察に嘆願する筈だ。その場合の捜索依頼の相場としては、一人につき日当一万円程度取られるとのこと。まあ、当然の額だ。寧ろ安い位だ。人一人を赤の他人の為に駆り出すのだ。しかも、危険な富士の樹海の中を捜索活動に従事させるのだから。

     

    但し、たった一人に捜索をしてもらっても埒が明かないと思われるので、最少人数であっても10名は必要だろう。それでも、たったの一日のみで10万円にも達する。しかも広大な地域故に、ピンポイントで自殺場所を見つけられる訳もない。徒労に終わる確率が極めて高い。しかも自殺を考えて向かったということは、元々金がない貧乏人なのかもしれない。それならば、猶更、そんな大金は出せないだろう。

     

    また、捜索活動の一環ではないのだが、陸上自衛隊の訓練として、富士の樹海の中にて密林歩行の訓練を行う時があるという。その時に、たまたま自殺者の死体を発見することもある。

     

    更には、地元の人だと、もう自殺志願者を見慣れているせいか、その人が死にたい目的で富士の樹海にやって来た人ならば、一目で判明するという。それは、所持物が、普通のトレッキングや遊歩道を歩くだけが目的の人と異なり、極めて少数だということだ。また、普通の観光客ならば、周囲の景観の写真を撮影するなどして楽し気で明るい雰囲気であるが、自殺志願者は写真撮影や動画撮影をすることもなく、常に暗い雰囲気を醸し出しているという。

     

    また、普通は、大抵の場合、複数人で観光にやって来るが、自殺志願者の場合は勿論、独りだ。もしも地元の人に死ぬ前に発見された場合、大抵、声を掛けられるという。それは自殺を止めさせる目的で声を掛けるのだ。それが嫌ならば、バス停を下りたら、ウロウロと迷わずに、サッと脇道に入り込むことが肝要らしい。

     

     

    富士の樹海(青木ヶ原樹海)への行き方

     

    さて、大抵の樹海の中で早く死にたいという自殺志願者の場合、その者は山梨県民ではない。普通は東京都とか神奈川県からわざわざやって来るのだ。そこまでして死にたいのならば、手っ取り早く地元で死ねばいいのに、とも思うが、人生の最期をどうしても樹海の中で死にたい人というのは一定数いるらしい。

     

    では、肝心の青木ヶ原樹海への行き方、交通手段を紹介しよう。それは、JR東海の三島駅より富士急行バスを使用して、富士吉田駅まで数時間で到着する。そこから富士急行バスに乗り、[紅葉台入り口]又は[風穴]まで40分程度かかる。本数は一時間に一本の割合だ。また、季節によって本数は変動するらしい。

     

    ただ、勿論、自家用車を使えば、ナビで簡単に行けるであろう。また、タクシーならば、片道のみのタクシー代でOKだ。但し、絶対にタクシー運転手に怪しまれるが。

     

    まあ、青木ヶ原樹海(富士の樹海)への交通手段は上記の通りだが、そもそも、富士の樹海という場所は、観光目的で行く場所である。けっして自殺目的で赴くような場所ではないのだ。

     

    山梨県には、楽し気な観光スポットは沢山ある。温泉も探せば沢山ある。また、海は無いけれど、美しい湖や泉は沢山ある。自動車でドライブしている途中に発見するであろう、全国的に知られていないような湖の景色でも眺めておれば、一刻も早く死にたい気分も一新され、心機一転、生きる方向へ舵を切ることも可能になるかもしれない。

     

    富士の眺めも素晴らしい。

     

     

    富士河口湖より眺める富士山の雄姿
    富士河口湖より眺める富士山の雄姿

     

     

    だから、どうか、あなたは、早く死にたいという気持ちを捨て去って、人生の最期まで生き抜く決意を固めて頂きたい。

     

    借金問題とかは、余裕で解決可能なのだ。サラ金地獄ならば、自己破産なり特定調停なりの手段がある。日本は法治国家であり、今までに無数の人が借金地獄から弁護士の助けを得て、通常の暮らしに戻っている。あなただけが、法律の世話にならずに死ぬこともあるまい。自己破産はけっして恥ではない。正当な権利なのだから。

     

    その他の理由で一刻も早く死にたいと思っている人であっても、必ず、何らかの解決手段は用意されている。一体、今まで何人の自殺志願者を救ってきた実績がこの国にあると思っているのか?あなたと同様の理由で早く死にたいと思っていた人など、数十年前から無数に存在していた。でも、それらの人が全員自殺した訳ではない。助かった人も大勢いるのだ。

     

    故に、あなたも考え直せよ。生きる方向に行きなよ。富士の樹海の中の岐路ではなく、生きるか死ぬかの岐路に差し掛かっているのだから、生きるという方角に進むべきだ。

     

     

    早く死にたい人へのサイト内のリンク集

     

    早く死にたい人へ、死後の世界、霊界、あの世とは?

    早く死にたいと思うことは、異常ではないと思う。

    早く死にたい人が、富士の樹海(青木ヶ原樹海)で早く死ぬ方法・早く自殺する方法

    首吊り自殺未遂の後遺症=首吊り自殺が失敗した時のリスク(早く死にたい人へ)

    突然死で早く死にたい時の、感電で突然死する方法

    トリカブトで早く死にたい時の、トリカブトで早く死ねる方法・自殺方法

    食塩中毒で早く死にたい時の、塩を食べて早く死ぬ方法・食塩の大量摂取にて早く死ねる方法

    農薬や除草剤を飲んで早く死にたい時の、除草剤を飲んで早く死ねる方法、農薬を飲んで早く死ぬ方法

    化粧品で早く死にたい時の、マニキュア除去剤や染毛剤で早く死ぬ方法、パーマネント液や口紅で早く死ねる方法

    錆取り剤や消毒剤で早く死にたい時の、ヨードチンキやクレゾール石鹸液で早く死ねる方法、サンポールで早く死ぬ方法

    ガソリンや灯油やシンナーで早く死にたい時の、軽油や灯油やシンナーで早く死ねる方法・ガソリン・ベンジンで早く死ぬ方法

    殺虫剤・防虫剤で早く死にたい時の、殺虫剤・防虫剤で早く死ねる方法・早く死ぬ方法

    タバコで早く死にたい時の、タバコで早く死ねる方法・タバコで早く死ぬ方法

    医薬品以外で早く死にたい時に、医薬品以外で早く死ぬ方法・早く死ねる方法

    ドラッグ(麻薬)で早く死にたい時の、麻薬(ドラッグ)で早く死ぬ方法・麻薬で早く死ねる方法

    クスリで早く死にたい時の、クスリで早く死ぬ方法・クスリで早く死ねる方法

     

     

     


    早く死にたいと思っても、自殺してはならない霊的な理由

    早く死にたいと思っても、死んではならない理由[クリック]

    [早く死にたい]は自殺推奨サイトではない。自殺志願者を救う為に、あえて[自殺志願者が検索しそうなキーワードを中心として作った文章]にて網を張り、訪問してきた自殺志願者をリンク先の自殺防止サイトへ導くことが目的である。故に、[早く死にたい]の本来の目的は、あなたを自殺へと導くことではない。あなたの命を救うことにある!故に、自殺志願者であろうあなたは、即刻、以下のリンク先の内容を読んでくれ。

    早く死にたいと思い、自殺で死んでから、自殺霊となり、その時に[自殺の真実]に気付いても、もう遅い!自殺で死んだ後は、既に自分の肉体は生命維持が不可能になっているから、自分の肉体には二度と戻れないぞ!だから、自殺で死ぬ前に[自殺の真実]に気付いてくれ!とりあえず、以下のリンクをクリックして、自殺に関する霊的な知識を習得してください↓

    以下は、霊的な観点から[自殺]を説明した知識へのリンク集です。

    ★Click [あなたが自殺して直面する真実]まとめ
    自殺について
    自殺の問題
    自殺についての二つの投書
    自殺の結果
    愛する者を失い自殺
    迷信の偏見
    軽率な行為
    苦しみの短縮
    恐ろしい激情
    他人の為の犠牲行為
    早く楽になる為の自殺
    恥辱を避ける自殺
    不法行為の自殺
    絶望の挙句の自殺
    自殺に追い込んだ者の責任
    自殺に逃げ道を求める者
    厭世自殺
    自殺と自由意志
    自分の命を絶つ権利
    生の倦怠
    自殺に関する文章

    ★Click [実際に自殺してしまった人の話]まとめ
    前世の罪の記憶で自殺
    破産が原因で自殺した老人
    自殺した高学歴の無神論者
    婚約者の不実に激して自殺
    情死(心中)した二人
    息子の後追い自殺した母
    身投げ自殺した男
    息子の為に自殺した父
    公衆浴場で自殺した男
    自殺した映画女優の警告
    死に気付かぬ自殺霊
    薬物自殺した女の霊
    恋人と心中自殺した霊
    首吊り自殺した女の霊
    自殺した美女
    自刃して果てた侍

    死にたい自殺サイト自殺方法自殺ダメ

    あなたは、自分の人生が悲惨だから早く死にたいと思っているのであろう。しかし、拙者の人生の方がもっと悲惨かもしれないぞ。だから、サイト管理人である私の人生を読んで、自殺するのは止めろ!

    齋藤健一について